Archives

2007年06月07日

敢えて曖昧に

VFSH0068.JPG

今回の「からだの学校」は、「いつ誰が講師で、何をするか・・」を公表していません。
講師は午前の作業を体験する中で起こることを頼りに、午後の内容を提出する。
参加者は、どんなこともとにかくやってみる。
あらかじめ納得した手持ちの駒ではなく、その現場で起こることを、参加者・講師ともども
創り出す事が狙いです。
「その場を観察しない限り、何をすべきかは決まらない」という曖昧な態度での参加です。
その日の天気のように、起こったことをどう引き受けて何かを生み出せるか
実は、今回は「困ったり・うまくいかない」ことを体験するチャンスかと思っています。

参加者も講師も、「考える」そして「行動する」
「なんだかわからないな・・・」「そうなんです、わからないことこそ味わうべき糸口」
ますます、わからなくなりましたか・・・そういう方こそお越し下さい。
各自に観察ノートを作成いただき、「わからなさ」を吐き出してもらおうと思っています。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form