Archives

2007年08月24日

呼び合う声

セレニテの大人クラスは目下「呼び合う声」という新作を創造開始

受験のため、しばしクラスをお休みする高校3年のMちゃんが、
「はっきりしないものを、大切に思えるようになったのはセレニテで
ダンスしてきたおかげ」と発言。
ウォー、すばらしいね
何が自分の指針となるのか、考えてるんだ・・・。
私が高校3年のときこんなこと言えたかいね。
私の自作第1作のタイトルは「汽笛」でした。
遠くで呼んでいるものがある、未知なる何か、定まらぬものに惹かれている、
そんなことを考えていた。「呼び合う声」もまさに同じ、進歩なしですね。

発する、聞き入る、呼応する

この絵は、先日の馬頭でパトリックさんが描いたもの
彼はとどまることなく描き続ける、彼の内なるものはわからないけど
突き動かされ導かれるフォルムと色彩
このサイトもひとつの声
現われであり、顕われであるのだからして、書きつつ眺める
おしゃべりになろう、寡黙になろう、声は時として彩り、時として単色
呼吸のように、必然であり続ける方へ
%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF.JPG


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form