Archives

2008年01月01日

冬の旅・・・神楽坂

%E5%86%AC%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%B3.JPG


2007年年越しは、年間事あるごとにページを開いた高橋悠治さんのピアノを
聞きに、神楽坂にあるシアターイワトに行きました。
神楽坂でしかも、岩戸とあれば、神様がいるに違いない・・・・
受付で予約の確認、ひょいと顔を上げれば、入り口階段に、いました。
高橋さん、なにやらもぞもぞしている
「楽しみに来ました」と思わず話しかけてしまったら、にっこりしてくれて
正直予想外、ナーバスな人かと思ってたんで、その笑顔は不意打ちでした

駐車場を利用したその空間はコンクーリートと思い思いのランプシェードが施され、
仰々しい作為がない、心地よさ、観客ぎっしり、一番前しか空いてなくて、
なんと、かぶりつき席に。
斉藤晴彦さんの歌と悠治さんのピアノによるシューベルトの「冬の旅」

終演後は、李さんという方の韓国料理が登場し、年末パーティになりました
偶然隣り合わせの方が、埼玉でライブハウスをしていて、なんと、一緒にいったYさん
のお父さんの友人だったり、かつてみどり先生のもとでダンスしていたり、
小杉さん経由でカニンガムファンだったり、黒テントの初公演は宇都宮の競輪場
裏地だったり・・・・そうなんだ、あれっ・・・・
なんやかや、つながる話ばかり。

最後には、悠治さんに今日のお礼を言い握手まで催促して、完全にミーハー気分

コンサート前に毘沙門天前で購入したお墓にお供えの花を抱え、人気のまばらな
東京を後に、気づいたら車中で年越し。
本日は晴天になりそうな夜空、この花抱えて新年へ いざ。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form