Archives

2008年04月30日

さわやかな季節

久々に東京PASのクラスがセゾン・森下スタジオで開催
私のクラスも28・29日合わせて4クラス行いました
クラスは少ない人数でしたが、内容が豊かで参加者とよき時間が創れ
さわやかな満足、すがすがしい・・・・

誰もが振付師でダンサーというクリエーションのある時間でして、
こういうことは、お互いの開放につながるなと実感しました

今回の企画者Rさんも「りっちゃんとやった青森のワークを思い出すよね」と
素直に各自のクリエイションが導き出される様を眺めて喜んでくれました

しかしながら、うまく行くときもあれば、いかぬときもあり
相手と行うことで成立する仕事の楽しさと難しさにいつもはらはらどきどきし続ける

麦の穂は、すくすくと、まっすぐ伸びてます
まだ、まだ青々、こんな調子の日々なんだな
熟練の域遠く、さわやかなこの季節を真っ向から味わいつくさねば

%E9%BA%A6.JPG

ほっと一息・・・文化会館に隣接の明保野公園
美しいよね、beoffのすぐ近くにこのような空間あるのはありがたい。

%E3%81%82%E3%81%91%E3%81%BC%E3%81%AE%E5%85%AC%E5%9C%92.JPG

2008年04月28日

縄文パワー

%E7%81%AB%E7%84%94%E5%9E%8B%E7%B8%84%E6%96%87%E5%9C%9F%E5%99%A8.JPG


NPO法人「笹山縄文の里」の依頼で、縄文の火焔まつりの振付を開始・・・・
新潟の十日町市中条地区の笹山から国宝火焔縄文土器が発掘されたことから
この地域には、縄文のパワーがみなぎっている
「笹山縄文を通じて一人ひとりと地域の力を見つめなおし、いきいきとした地域の
未来像を描き、ともに笹山から新しい時代を創っていこう」

本当に人も風景も美しくパワーにある地域でした
私の振付でよいのかいな・・・・と思いつつも、とにかく見知らぬことに出会える
喜びで「やりますよ」と引き受けてしまい、不安を抱えての振付ワークでしたが・・
予想以上の盛り上がりでした
皆さん、本当に焔のごとくダンスされて、その生き生きとした空間の素晴らしさ
本番が本当に楽しみです

また来月うかがいますので

%E5%8D%81%E6%97%A5%E7%94%BA.JPG
この美しさ・・・これはNさん撮影の写真で作成された絵葉書です

2008年04月21日

まひるのほし 上映会 in 馬頭

佐藤真監督ドキュメンタリー映画上映会
2008年4月26日 15時・19時 
会場:もうひとつの美術館(0287-92-8088)

VFSH0234.JPG

「当時5歳だった障がいの子を育てあぐねていた私が映画から
受け取ったものは、<希望>。
 この映画では、それまで知らなかった知的障がい者と言われる
人達の《日常》と、アートの生まれる《瞬間》が、愛情豊かに、時に
切なく、紹介されていた。人にはなかなか見えていないだけで、
かがやく星がそこここにある、映画はそう言っている。」
         もうひとつの美術館館長 梶原紀子

19時の会は、雨でなければ校庭で夜空の下の上演らしいです
私も間に合えば、夜空の映画館に行きたいですが・・・・・
お時間ある方、ぜひぜひ

前売り:1000円 当日:1200円

5月25日は、13:30から15:30まで妻木ワークショップあります
新緑の馬頭で、エネルギー溢れる作品に刺激されつつ、ここでしか
生まれない時間とからだを発見する時間になれるようにと・・・・
参加費:1500円(美術館展入場料金を含む)

2008年04月19日

ジプシー ジャズ

VFSH0236.JPG

5月10日14:30開演 グリムの館(石橋) 
入場料:3,000円
お問い合わせ:西方音楽館 0282-92-2915

このコンサートの収益金は「財団法人オルガンホール」を作る会へ寄付されます
西方にパイプオルガンに最適なホールを設立しようという財団です
代表は西方音楽館のAさん、私も以前こちらの企画でピアニストとジョイントのパフォーマンスを
させていただきました。頂いたフライヤーからも、Aさんの意欲溢れる取り組みが伝わります

10日の演目は、ピアノに加えてボーカル・フラメンコギター・パーカッションも加わります
ベサメムーチョからチック・コリアまであるようで、多彩・多才なコンサートでありましょう

2008年04月17日

うおごころ・はるごころ

えのすいのボディークラス最終回
クラス前に巨大水槽をまじまじと眺めていたら、後ろ下がりで泳いでいる奴を発見
面白い・・・・こちらのショーに「うおごころ」というのがあるとか
魚のショーとは驚き、どうやってコミュニケーションを図るのでしょうね

%E3%81%88%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%84%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC.JPG

本日の面々です。よきクラスをありがとうございます
(どじなことに写真が切れてしまいました、情けない)
先週放映とお伝えした水族館取材のTBS番組は、本日のようです

流石に江ノ島は遠く、帰宅の車中はぐったりですが、我が家の前の川風を受け
もどれば、ホレ、ベジファームナカヤさんの野菜たちが待機
今回は緑づくし、春を詰め込んだような籠に思わず、ほころびます

VFSH0232.JPG

2008年04月15日

本日の出来上がり

%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG

移り住んで10年、スタジオとして利用していたリノリウムを引き剥がす・・
現われたるは我が家の新品の床
これを機に積み上げていた荷物を整理し、ご覧の通り
ミニギャラリー完成
2000年と2001年の写真ゆえ少々回顧気味ではありますが
日の目を浴びることが出来てよかった

なぱふぇすに宇都宮からボランティアスタッフで参加してくれたAちゃんとともに食事
山小屋風の新装の食卓での夕ご飯(レバニラはAちゃん作)

%E5%85%B1%E5%90%8C%E4%BD%9C%E6%A5%AD.JPG

2008年04月10日

夜のエノスイ

%E6%B0%B4%E6%97%8F%E9%A4%A8%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%92.JPG

新江ノ島水族館での第3回目のワーク
今回はこのクラスをプロデュースしてくれた、演出家・振付師Kさんも参加
コンタクトを中心のインプロばかりになりましたが、
巨大水槽の前にもうひとつエノスイスタッフが浮遊する巨大水槽が
誕生したかのようなクラスでした

終了後Kさんと食事しエノスイの秘話を聞いて納得
動物を愛する日頃の皆さんの行い・振る舞いが少し伝わりました。

本日、前回取材されたTBSの番組が放映とか
このクラスの模様が映るかどうかはわかりませんが
少なくとも隠れたるエノスイの魅力は伝わるのではと・・・・・

来週は最終回
個人技たっぷり見せていただけるような内容をもくろんでます

2008年04月05日

山々に囲まれて

来週末の本番に向けてACOAにてリハーサル
稽古の前に自転車で近隣を散策しましたが、
雪を抱く那須連山を眺めつつのサイクルロードは爽快です
なぱふぇいすの間、ACOAには自転車も用意されてますから
お越しの際は、ぜひお薦めします

さて「翻身」はいかに・・・・・
時間を経過した分落ち着いたかもしれない?
稽古しつつあれこれ微妙な修正・チャレンジ、
空間がコンパクトになる分、また昨年とは異なる趣と思います

しかしながら、夜の星や朝の鳥のさえずりの美しさは
宇都宮では味わえぬもの
本日の朝日を浴びての外での朝食は
ACOA納豆に釜戸のご飯、おいしいですよ

VFSH0224.JPG

2008年04月04日

なぱふぇす2008

妻木と鈴木君による「翻身」は無事終了いたしました。

今回は夜公演で上演の百景社「授業」の舞台美術の中で・・・・
同じ舞台美術の中で、ベケットとイヨネスコの戯曲が展開
この劇空間のなかでの「翻身」はまた今までにはない上演のチャンスでした

なぱふぇすはまだまだ続きます

CC.bmp

4月12日から5月4日までの毎週末
那須のACOAで演劇とダンスのフェスティバル開催
毎週土曜・日曜   15:00  18:00
前売り2,000円 小学生以下1,000円
当日 2,300円         1,300円
演目種々ございます

問い合わせ:info@officehisago.com
TEL・FAX 0287-72-5952
今回は公演日限定の送迎バスもあります

妻木はオープニングプログラムとして
4月12・13日両日とも15:00開演「翻身」再演でございます
初演を見逃した方は勿論のこと、ご覧の皆様も、
新緑、新装ACOAにお越し下さい