Archives

2008年06月29日

暗闇ワーク

本日大雨の為、スケジュール変更
子供達と矢板にブルーベリー摘みに行くはずが、方向チェンジ
それならばスタジオでと集合
beoffならではの暗闇ワークをいたしました。
まずはウォームアップに縄文ダンス、その後、電気を消して
影遊びや、暗闇鬼ごっこ
大人も楽しんだのではありませんか・・・
自分の気配を消しての鬼ごっこは、わかっていてもスリリング

終了後は、ご覧のように交流会・・・写真アングルずれてるわ・・・
%E7%94%BB%E5%83%8F-0011.jpg

2008年06月27日

自然の力、人間の力

河北新聞の論説に先日の十日町の「笹山じょうもん市」のことや、
今年私が振付として関与した「縄文ダンス」のことが記載されました。

この記事を書いた記者は、大学時代の同級生のS君です。
私のサイトにある十日町での出来事を彼が見て
「これは中越地震の被災復興事業なのか・・・・」と連絡があったのです。
ご存知のように岩手・宮城内陸地震、
彼のジャーナリストとしてなんとか現状を拓こうという熱意が瞬時に伝わりました。
「まだ被害も続いている中で復興を呼びかけるには早過ぎるかもしれないが、
新潟から学べるのではと思うのだ」と。

被災地では起こった出来事の大変さとともに人間の力が湧いていくのだな。
「なんとかしなければ」
そういう思いが「次」を生み出す・・・・
人間の力、自然の力は凄いのだ。

%E7%B8%84%E6%96%87%E3%81%AE%E8%B8%8A%E3%82%8A.jpg

本日十日町Mさんより嬉しい報告メールありました
南魚沼にある国際大学で妻木振付の縄文ダンスが、ご覧のように各国の
皆さんにも愉しんでいただいたようです・・・・嬉しいな

2008年06月24日

雨上がり

%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97.jpg

セレニテのMちゃんに「レイン ドロップ」という作品を振り付け中
友人からこんな写真を偶然に見せてもらいました
まさに、雨の滴 

震災・復興についてのいくつかのやりとり
「顔がみえる関係の中でしか最終的に生まれない・・」
「保守とは、自分の何か、澱のようなものに止まってしまうこと・・」

本日は晴れ上がりました
脱ぎ捨てて、出かけようっと

2008年06月22日

%E3%81%B5%E3%81%BF%E3%81%AE%E9%87%8C%EF%BC%92.jpg

ふみの里よりブルーベリー到着
あの日は地震あり・・・・
手元にある果実、未だおさまらぬ震災
この1週間、起こったことごと
様々な思い

悠長なこの身を揺さぶり
作品として何を成立させられるのか
それは、あっても無くてもよいようなもの・・・

どこにつなげられるのか。

妻木律子新作「揺れる水平線」公開リハーサル
時:7月4日20:30~21:30  場所:beoff
7月7日よりラトビアで開催のTHEATRE METHODS 08! に参加
出発前のリハーサルを公開いたします

2008年06月16日

優れもの

%E5%84%AA%E3%82%8C%E3%82%82%E3%81%AE.jpg


夕方時間があり、気合を籠めて台所の掃除を開始
先日の松本訪問の際、Iさんのお母様が作られたという『これら』を
頂きました。
「そうだ、あれがあるぞ」と引き出して使ってみてびっくり・・・・
よくこうした毛糸の洗いスポンジ?(洗物グッズ)いただき、重宝してますが
これは、形と厚みが使いやすく、その上、ほら取っ手がついてるんです
使用後、ぶら下げておけるから、便利便利
ふたつ並べて写真撮ったら、よけいにかわいらしく見える
真ん中の白も効いて、置いてもほほえましい
優れものです

2008年06月14日

初夏の深呼吸

2008年6月14日13時 会場:ブルベリーふみの里 
「6月の深呼吸」にてソロダンス終了・・・ありがとうございました。

本日は梅雨の晴れ間、朝から爽快な風が吹き晴天
イベント空間の蚕小屋は、外光と室内の暗さの対比が美しい
太田原のまちかど美術館のときもでしたが、
驚くほど、観客の皆さんがよく見てくださる
踊る先の壁にアフリカの子供達の写真があり、目に焼きつく

終了後は、畑に出てブルベリーをいただきました。
なんとまあ、微妙な美しさ

太田原に続き、本日ダンスを皆さんの前で踊ることで
7月6日から出発のラトビアでのソロダンスの道のりがまたひとつ・・・・
人の前で顕にしつつ、再びひとりに戻り作業できること、有難し。

陽ものびて、夕暮れも爽やかなり

%E3%81%B5%E3%81%BF%E3%81%AE%E9%87%8C.jpg

2008年06月13日

引き続き、カーヴァー

中央公論新社「英雄を謳うまい」村上春樹訳から、

「場面はそこで終わります。しかしその言葉は行為として残ります。
『魂の中の小さな声』が生まれるのです。そしてまた私達は
生きることや死ぬことについてのある概念のようなものを、おそらく
捨ててしまっているはずなのに、たしかに細くはあるけれど簡単には
引き下がらないひとつの信念に、気がつけば心を惹かれるのです」

チェーホフの「6号室」のある場面を引用してのカーヴァーの言葉です

自分の仕事に対する強い意志や、人間の弱さを救い出すスピリット
静かなれど熱いパワーのある言葉に動かされます

お隣、悠日2さんで始まる常設展、今年は漆作家さんです
漆の軽さと強さも凄いです、1年間の企画展ですから、覗いてください

%E7%94%BB%E5%83%8F-0007.jpg

2008年06月09日

虹・・・かすかに見えますか・・・

夕方から雷雨
仕事場にたどり着けば、ほれ、虹が見える
以前、頭上の虹を見上げたことがある
天使の輪のように、頭の上に弧を画いて現われた虹
不思議な瞬間でした

何かに救われること
時として、ささいなことでも、救われる
レイモンド・カヴァーの「スモール・チープ・シングス」は、出来たてのパン

「折り合いをつけること」
「動かされること、あるいはいくぶん取り憑かれること」
「罪の赦しを与える」「浄める」

久々に彼の言葉を眺めてみるかな

niji.jpg
幽かに、左のほうに見えるでしょうか・・・・

2008年06月05日

イベントお知らせと報告

beoffのお隣、悠日2さんからのお知らせです
6月8日香川大介個展にて舞踏のパフォーマンスあり。
16:00START  
詳細は、こちらをご覧下さい。

私の方は、6月14日13時から小金井にあるブルベリー畑にある
蚕小屋を利用した空間で踊ります
ブルベリーの摘み取りも出来ますよ

%E7%A3%AF%E8%B2%9D%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG

十日町の縄文祭りの写真届きました。
いつものごとく、私が縮小すると画像がいまいちなのですが・・・・・
様子が伝わるでしょうか・・・・
大成功だったようです、ホッ。

%E8%B8%8A%E3%82%8A%E3%81%A8%E5%A4%AA%E9%BC%93%E9%9A%8A%EF%BC%88%E5%85%A8%E4%BD%93%EF%BC%89.jpg

2008年06月01日

スゴカッタ・・・・・

%E5%89%8D%E5%A4%9C.jpg

fine field festival が無事終了です
両日凄い来場者数、盛り上がってました
個人的には、
最も身近な方々とのコミュニケーション不足のうちに強行してること
自分の把握を超える事態になっていること
どうしよう・・・・・という思いを抱えつつ、いつのも調子で乗り切るしかないと

しかしながら、多くの参加者、ボランティアに支えられた2日間でした
これは初回だから許されるのかもしれない、ご協力の賜物でした

パフォーマンスの皆さんとは思いがけぬ出会いでありました
照明担当として、失礼いたしました
ごめんなさいと思いつつも、ついつい、明かりで踊ってましたね・・私。
うるさかったか・・・しかしながら精一杯のダンサー照明でございました。

今回最も苦労と努力をしてくれた実行委員の3人の前夜祭の姿です
Mさんだけ写っておらずごめんなさい、この時も彼女は、会場案内図作成で
他で奮闘してたのです・・・・
この4人組の踏ん張りなくしてはなしえなかった
ありがとね・・・・

もうひとつ、本日は十日町も本番なんだな・・・・
朝メールしたら、「縄文ダンスが大流行りで、映画の応援隊や小学校でも
やってます」との返答、嬉しいね、盛り上がってるに違いない
報告楽しみだわ