Archives

2008年08月24日

造形の調和

昨日は、もうひとつの美術館にてワーク
今回の展示も、原初のエネルギー溢れるものばかりで
作意とはどういうことなんだろうと考えさせられてしまいます

本日は、鹿沼市立川上澄生美術館「曽我芳子回顧展」へ
曽我さんは母の友人であり、子供の頃、お会いしたこともあり・・
今回改めてその作品を前にすると、
静かながら力強く美しい在り方に「彼女は作家なんだ」としみじみ
絵を創り上げる仕事があることを考えずにはいられなかった

船という形、廃船という存在、空間や色調・・・・・
廃船があると聞けば、どこへでも飛んで行ったそうで、
廃船に牽かれるかのような作意の奥にあるものがあるんだな、

「感情の問題でなく造形の調和を考えている」
という曽我さんの言葉に、その仕事人としての彼女を痛感

廃船という存在の寂しさより、むしろ前に進もうとする形の美しさ
取り残されてもまだなお生き続けているかのような静かで穏やかな生命感
私には生涯一人で絵を描き続けた曽我さんの姿が見えるような気がしました

7日までです・・・お時間ある方是非
電話:0289-62-8272

%E7%94%BB%E5%83%8F-0086.jpg


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form