Archives

2009年02月08日

クリエイション

東京にて某ダンスカンパニー公演を鑑賞
入り口でどっさり手渡される公演案内の束、
帰宅して手に取りつつ、東京日々の凄さを眺める


%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8.jpg

本日はアトリエ・リュミエールの展示会へ
明るい色彩と調和にこころ和らぐ
ぎっしり置かれた作品がお互いに邪魔しあわないのはなぜだろう
透明な自画なんだな、きっと
吐き出すことと受取ることが自然にできてしまっている

%E3%81%8B%E3%81%9A%E3%83%BB%E3%81%AA%E3%81%8A.jpg

セレニテのk君とNちゃんの秀作


最後の締めは、やはり・・・金子兜太さん

「五・七・五は、驚くほど強靭で不可思議な詩形です。
表現の喜びを、おおかたはささやかに、しかし、
ときには大きく満たしてくれる生きものでもあります。」

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form