Archives

2009年03月30日

桜咲いた

sakura.jpg


東小学校校庭の桜です・・・
妻木はしばし、休養
ご心配なく、黙々とモクモクと再生図ってます

2009年03月22日

バウハウス

%E7%94%BB%E5%83%8F-0212.jpg

友人とともに宇都宮美術館で開催のバウハウス展へ
入り口にあった年表をみると、この辺りは、ニジンスキーの時代であり
モダンダンスの母、イサドラ・ダンカン登場の時代であることがよくわかる
そして、ヒットラー台頭の時でもあり。
オスカー・シュレンマーの舞台が再現された映像がしっかり創られていて
ダンス好きにも興味深い展示ですな

行くことは出来ないけれど、東京都美術館では「生活と芸術 アーツ&クラフツ展」
ウイリアム・モリスから民芸運動まで見れるらしい・・・
東京の地下鉄駅にポスターがあったが
画的にも、言葉的にも、ぐぐっと、こちらに飛び込んでくるものでした

水平と垂直の世界あり、うねる曲線の世界あり
ものと美と人のかかわり

ついに風邪を引き久々に休養
ご近所の病院に行ったら「1年に一度のお疲れでなしたな」と
婦長さんに言われ、「はい、お疲れでました」
お陰で休養したせいか、アトピー症状は治まりました


2009年03月14日

雨のち晴れ、一期一会

%E9%BA%A6%E8%B8%8F%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%99.jpg

ポプラ分校での麦踏・・・・雨の為、麦踏断念
急遽内容変更に対応くださったポプラ分校の皆さんのお陰で
草もちつくりと茶室でのお茶会、〆は昨年度作製の味噌を味わう昼食でした
子供達がもちをこね、大根を切り、寒さを忘れる暖かくおいしい味噌汁完成
見知らぬメンバーが35人も集まり、お目当ての麦踏みが出来なかったにも関わらず、
不平・不満の片鱗もみせず、それぞれがそれぞれにこの場を過ごそうとする
心配りあるひと時であったことが、私には何よりのご馳走でしたよ
このメンバーで麦踏したら、さぞかし素晴らしかったであろうと・・・

帰りはバンビーニとよさとの卒園感謝会にすべり込みました
子供の成長を軸に多くの人々の繋がりが暖かい
私もこの通り花束を頂戴しました
終わって外に出るとカラット空は晴れ上がりました
明後日の園でのクラスがラストとなります、もうさようならだね

%E5%8D%92%E5%9C%92.jpg

2009年03月12日

南魚沼から・・・・愛

新潟より、メールが届きました

国際大学の留学生たちの愛のメッセージを各国語で撮影しました。
英語・日本語字幕付きの約12分のビデオです。
直江兼続の生誕地、南魚沼から地球大の愛を発信しようと
このプロジェクトは始まりました。

新潟県南魚沼地域振興局の「南魚沼・愛プロジェクト」

NHK大河ドラマで上映中の直江兼続から繋がり
国際大学の皆さんの「今」をUチューブの影像で見ることが出来ます
ラストに映るのがノーリンジャー(地域振興局のみなさん)です

2009年03月09日

時間と勝負

現代舞踊協会主催の新人公演の審査の為、連日東京
我が20代はこの新人公演で明け暮れた日々でした
いろいろあった・・・
なにせデビュー作で時間超過で始末書を書きました
公演後、出演者と対面して感想を伝えるのだが、
自分が直面してるところからしか話せないな・・・・

%E7%94%BB%E5%83%8F-0204.jpg


現代俳句協会青年部主催のシンポジウムに会員でもないのに参加
金子兜太さんの公演があるのと 「前衛俳句」は死んだのか という
タイトルの惹きつけられて進入

なんといっても金子さんの身体から溢れるエネルギーがよかった
姿、声、テンポ、リズムがほとばしり、キュートです
彼自身、「自分は五・七・五そのもの」と言い切る
彼の造形論を中心に講演というより、金子節会話で退屈させない
80歳となり益々開眼してる勢い
「人の面でなく、時間と勝負しろ」
金子さんのような気骨持たなきゃと熱くなる私は、古風なのだろうか

軽々と踊る新人を前に、見えてくるのはわが身

今日も花粉は最高潮
まだまだ気を抜けません

2009年03月04日

遅ればせながら、雛人形

%E9%9B%9B%E4%BA%BA%E5%BD%A2.jpg


昨日は雛祭りでした・・・・

雪の予報におののき、花粉とアトピー的症状の上に寒さまで・・・
さぞかし辛い一日と思いつつ いつもの東京滞在
B先生と地下鉄乗り換えまでの短くも得がたい会話
集まった人々とともにあるクラスという時間
いつもの寝場所にたどり着き、ボンヤリ

あれ、ひな祭りでしたか・・・それでは、せめてこの写真を
先日二荒山神社横にある蕎麦や「あら玉」の店先で思わずパチリ
おかめとひょっとこの雛人形

なんとなく微笑んでしまいますよ