Archives

2009年03月22日

バウハウス

%E7%94%BB%E5%83%8F-0212.jpg

友人とともに宇都宮美術館で開催のバウハウス展へ
入り口にあった年表をみると、この辺りは、ニジンスキーの時代であり
モダンダンスの母、イサドラ・ダンカン登場の時代であることがよくわかる
そして、ヒットラー台頭の時でもあり。
オスカー・シュレンマーの舞台が再現された映像がしっかり創られていて
ダンス好きにも興味深い展示ですな

行くことは出来ないけれど、東京都美術館では「生活と芸術 アーツ&クラフツ展」
ウイリアム・モリスから民芸運動まで見れるらしい・・・
東京の地下鉄駅にポスターがあったが
画的にも、言葉的にも、ぐぐっと、こちらに飛び込んでくるものでした

水平と垂直の世界あり、うねる曲線の世界あり
ものと美と人のかかわり

ついに風邪を引き久々に休養
ご近所の病院に行ったら「1年に一度のお疲れでなしたな」と
婦長さんに言われ、「はい、お疲れでました」
お陰で休養したせいか、アトピー症状は治まりました


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form