Archives

2009年05月21日

明るくて、知的で、かっこよくて、開かれている

%E7%94%BB%E5%83%8F-0241.jpg


小説をほとんど読まないのですが、書店でのこの一冊に目が留まりました
爆笑問題の大田さんのお薦めであること・・・
装丁の色合い、材質、その感覚も妙に気にいり、「読んでみるかな」と。

「今や太宰治が死んだ時の年齢をとっくに上回り、コメディアンとしても 太宰より多くの経験をした私は、これらの中期の作品を読んで、改めて コメディアンの先輩として。この頃の太宰に、こう言いたい気持ちになる。 迷わず、そのまま書き続けろよ、と。」 「おれは単なる物書きなんだぜ、小説マシーンになるんだ、読者を 楽しませる小説を書く機械になるんだと積極的に開き直って小説を ガンガン書いていたんじゃないかと想像してます。 僕はそんな太宰に惹かれるんです。だいいち、この頃の作品は 明るくて、知的で、かっこよくて、開かれてまうよね」

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form