Archives

2009年08月24日

なぱふぇす2009・最終週

%E3%81%AA%E3%81%B1%E8%88%9E%E5%8F%B0%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%99.jpg


8月1日より毎週末開催の「なぱふぇす2009」水際たつ
今週末で終了です。
写真の舞台は、シローズ・アングル(メイン会場)に
今回の為に作られた野外舞台
夕暮れの空、夏の名残を残す草むらの中に立ってました。
那須の夏、堪能できます。

30日上演の私の「傷ましき腕」は、
昨年のサニーホールから変遷しなぱふぇす版となります。
夏の終わり、
なぱふぇすで起こされてきたことごとを想像しつつ
架空の水際にたち、我が作品を提示できたらと思います。
ぜひご来場ください。
(私の上演は、上記の野外舞台でなく、ACOAアトリエになる予定です)
30日18時開演 料金:2,000円(前売り) 2,300円(当日)
お問合せ:フィスオ瓢 0287-72-5952
29日遠藤ミチロウ ライブ 29・30日劇団A.C.O.A.公演あります。


%E6%9C%9D.jpg

「傷ましき腕」  なぱふぇす2009版

2008年12月20日 日暮里サニーホール(初演)

画集で見た岡本太郎氏の「傷ましき腕」に
喚起されてしまう不可思議なものが
「始まり」となった ひとつの形

水際たつ  なぱふぇすの夏の終わり

単なる再演では修まらないものを作品に取り込むこと

移り変わる風景や人々をまのあたりに

あえて、ここで、踊るということと
あえて、どこでも踊るということの
際にたつ

突然思い起こす 
「なつのひょうが」

くさのうえ
あなたもまだぬれたすあしでたっているというのに
はや ぴしぴしとみずはとををたて
あのしまへは
にどとわたれぬ なつのひょうが


恐れ多くも、なぱふぇす 最後の演目
形造る 夏の終わり 目指して

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form