Archives

2009年12月31日

2010年に向けて

晴天の大晦日、恒例の祖先のお墓掃除をして、自転車走行
冷たし。
大晦日にしか販売しない高林堂「切り山椒」を今年も購入
はや、一年か・・・・

久しぶりに、高橋悠治さんのサイトを覗く
んん、やはり言葉がよいのだ
思わず、転記

2010年も活動のしかたが急に変わるわけではないし、音楽家であることは多くの人びととの協同作業で成り立っている、まず聴き手との、そして演奏家との。またちがう分野のひとたちと話し合ったり、本で読んだこともきっかけになって、似たようではあるが、どこかちがった道に踏み出して行く。それは同時に、現在の瞬間から過去をふりかえり、過ぎ去ったある地点を見つめ直して、そこからちがう可能性を引き出すことでもある。回転しながらそれ自体の遠心力で、軌道からはずれてゆくコマのように、活動を続けるということは、原点をたえず否定することでもある。

静かに、明るく、大晦日は過ぎてゆきます。

2009年12月28日

冬・光の館

%E5%85%89%E3%81%AE%E9%A4%A8%E3%80%80%E7%AA%81%E3%81%8D%E5%BD%93%E3%81%9F%E3%82%8A.jpg


行ってきました。
青春18キップを握り、延々の旅
天候により、夕暮れ・朝焼けの完全プログラムは見送りましたが
僅かながらも、冬空の月と流れる雲を仰ぎました。
電気を消して、静かにお過ごしなさいというタレルさんの提案
薄暗さ、かすかな輝き、寡黙が拡がる空間にて
わが身を座らせ しばし、腕を背骨を脚を確かめる貴重な時間
同行のメンバーのそれぞれのあり方を目の当たりにし
「ここに来てよかった」と満ちるもの有

2009年12月26日

2009 師走


%E6%B3%89%E5%B1%8B.jpg


咳が止まらず、本番後もぐずぐずしてましたが、
Hちゃんのお家、泉屋さんにて豪華版夕飯を食べました。
「トンカツ屋なんだよ」と聞いてましたが、
こんな凄いトンカツ店とは思いもよらず、びっくり。
自慢の味噌カツ、おいしかった。
元気になりました。

今年も残り僅か・・・慌しく今年もまた過ぎてしまった
恒例のbeoffダンス忘年会は、スミマセンお休みです。
正田公演「地下室」に集中してまして、他の事進める余力無。
来年、改めてbeoff企画を練っていきますので、ご勘弁を

今年のラストダンスは、新潟十日町
6月に訪問したジェームズ・タレル作品「光の館」にて
ひそかに踊り納めしてきます。
闇が潜む空間にてどんなことが起るのか、
新たな方へ導かれるチャンスの予感を持って行ってきます。

2009年12月21日

岩曾の佇まい

%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%EF%BC%91%EF%BC%98.jpg


引越しされてしまい、なかなか伺うことのできなかった
ATELIER n18 TRAVAIL をついに訪問
ご主人の[古道具 あらい]と並立して、岩曾にポーンとありました。
外観も室内も、静謐という言葉がぴったりの空間です。

ものが、静かにぽそぽそ つぶやいている

自分の空間を丁寧に保つことは簡単そうで大変なこと
ぜひぜひ、訪問を

2009年12月19日

寒さ到来

「地下室」終了
ご来場の皆さま、ありがとうございました。
正田先生のパワー、伝わったでしょうか。
ダンサー、スタッフ、2日間の草月での時間は短くもあり
長く深くもあり・・・

家に戻れば、不在が長かった為、底冷え
晴天なれど、しんしんと寒さが待ってました。
人がいるというだけで、家はエネルギーが沸くのだな
ストーブに火を入れ、植物に水遣りつつ、回復する時間を待つ気分
本日頂いたポインセチア、新メンバーです。

%E7%94%BB%E5%83%8F-0384.jpg

2009年12月14日

サンタクロース

いよいよ、「地下室」本番迫りました。
ソロダンスとは異なる緊張感のうちに毎日が過ぎています。
我武者羅です・・・・
後数日、どこまでぐっと深く静かに潜伏するようたどれるか
ご来場の皆さまは、寒さ厳しき中、草月ホールへお越しくださるのですから
このプレッシャーをくぐり抜けて、よきところへ行かねば。

%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9.jpg

昨日表参道を歩いていたら、こんなサンタクロース発見
南方の古代人サンタクロースのように見えました。
寒いのやら、暑いのやら、真っ黒な顔と黄色い洋服、
妙に気になるものでした。

    冬だな。
明日からは、本番終了まで東京滞在です。
彷徨いながら、『地下室』に降りて行くのです。

2009年12月03日

にじみ出る

%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97.JPG

渡米してアン・ハルプリンのワークを体験中の0さん
アリゾナの空に飛んでいます。
彼女が画いた自画像の写真もありましたが、強烈なもの
Oさんの内と外へ向う旅の様子が伝わり、
対極を行き交っている日々を想像して、ニンマリ


%E6%98%A5%E3%81%A8%E6%84%9B.jpg

こちらは、公開授業に向けて準備中の城山西小学校の体育館
『春』と『愛』
内面を画いているのではないはずが、形を通じて溢れているものあり
まなかちゃんの『春』は、まるで校庭に咲く孝子桜そものも
心にしみこんでいるのかな、

にじみ出ちゃうのだ・・・・