Archives

2010年12月30日

寒さ来た・・・

beoff%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF_SP0000.JPG


ダンス忘年会は、種々の皆さん登場でまた新たなbeoffになりました。
飲み食い無しでも、ばっちり盛り上がりました。

本日はbeoffの掃除をMちゃんと敢行
雪もちらつく寒さ
鼻をすすりつつ自転車で曇り空の下を走りぬけ「寒さ、来た」

I氏の訃報
先日の町屋のロビーで久しぶりに対面
かけてもらった言葉
安らかに


2010年12月27日

白のかたち

%E5%B7%9D%E6%9C%AC%E5%93%B2%E5%AD%90%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%EF%BC%92_SP0000.JPG


「布が奏でるハーモニー」
平山洋子・小口慶子・川本哲子三人展の最終日に行きました。
川本さんの作品は、ますます、飾ることを超えて
流れだした精神のフォルムのようです。
来年秋には、beoffのお隣、悠日さんでの個展もあるとか・・
待ち遠しい限り。
時の中に立つ人のような、その凛とした美しさに
背筋を正す時間でした。
川本さん、さらなるお仕事を

%E5%B7%9D%E6%9C%AC%E5%93%B2%E5%AD%90%E6%9D%B1%E6%97%A5%E6%9C%AC%EF%BC%91_SP0000.JPG

2010年12月24日

不思議を描く

101223_145548.jpg


今年ラストのセレニテのクラス終了
昨日は、クリスマス会にて子供たちの創作を・・・
堀文子さんの画集から出発し、それぞれの空間が生まれました。
躊躇や戸惑い、交流や衝突、そういう様々な状態を軽やかに
潜り抜け皆で大喜びのクリエイションのひと時でしたよ。

「私は牡丹を描くときも、アンデスを描くときも ヒマラヤを描くのも一緒なのです。 この宇宙の生命の不思議を描き続けているだけなんですから。」 堀文子

メリークリスマス

2010年12月19日

はじける、つながる からだ

%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E6%96%87%E5%8C%96%E6%95%99%E5%AE%A4%E7%91%9E%E7%A9%82%E5%8F%B0_SP0000.JPG


12月16日
宇都宮文化協会主催のふれあい文化教室の事業で
宇都宮市立瑞穂台小学校の1年生2年生とワーク
寒い日でしたが、みな裸足になりパワーばっちり
からだの芯棒を使って友達とコミュニケーション
見学してくださった校長先生も感想もいただき
会話弾みました。

12月18日
バンビーニとよさと バンビーニフェスタ
私のワークもみなすごくよかったのですが
驚いたのは、年長さくらの自作自演の動きと言葉による作品です。
知らぬ間に、いつの間にか、クリエイションの技を
身につけている子供達に感服です。

101218_120517.jpg

2010年12月15日

おや・・・

101213_163344.jpg


空き店舗のイルミネーション
シャッターが下りただけの景色と異なり
思わず足が止まります。
次の店主の登場を待ってるんだな
師走の中で、一休み
ほんのり

2010年12月08日

12月8日30年

本日はジョン・レノンの命日
改めて、イマジンを思う

ハッピー クリスマス

2010年12月04日

世阿弥の言葉

101204_214404.jpg


ロンドンに留学中のFさんよりメールあり
彼女の研究をさらに展開すべく助成申請したいので推薦文を書いて・・と。
私は数々の局面で多くの方に書いていただき幸運を得てきた身ですから
私も奮闘せねばとパソコンに向かいつつ数時間
こんな大変とは思わなかった。
勿論英語では書けぬので、日本語なれど、悩む考える頭使う。
冷静な情熱の持ち主であるFさん。
彼女のことを考えるうちに頭に浮かんだのが「離見の見」
思わず本棚から観世寿夫さんの「心より心に伝ふる花」を引出し
ネットで世阿弥の言葉をリサーチ
思わぬことで、再読
おっと、読みふける暇なし
書かねば・・・

2010年12月03日

曲がった道

%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%A8%B9%E6%9C%A8_SP0000.JPG


今年のソロワークのとっかかり
人目に曝して
さてさて
無駄なもの
思いがけない有用なもの
残るものを修正して
次なるところへ

益子のナンドールさんの庭にあった樹木
ひっそりガーンと立ち尽くす
寡黙な饒舌
曲がった道の風景か・・