Archives

2011年03月27日

3月26日旅立ち

%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%8B%E5%8D%92%E5%9C%92%E5%BC%8F.jpg


バンビーニとよさと、さくら組卒園式開催
晴天のひかりの中、15人の子供たちの晴れ姿 くっきり
背筋を伸ばし、声を出して、見事な式典でした。
新しい園舎での初卒園式は、空間も輝いていたと思います
出発だ・・・

専門学校の有志メンバー9人+重鎮サポートによる自主公演開催
宮沢賢治の「雨にも負けず」「注文の多い料理店」の朗読会で
シンプルな若者らしい気負いのないよき本番でした
beoffの空間を生かした演出のなか、若きエネルギーが放出
駆けつけてくださった学校長の彼等への激励もありました
学校を中退して進路を模索するYさんのリーダシップに導かれ
計画停電で実施も危ぶまれる中での開催は、出演者にとって
熱く深い大きな本番であったこと伝わりました
それぞれの進路に向かう涙と笑顔がbeoffに溢れた一夜でした

%E3%81%B4%E3%82%88%E5%85%88%E7%94%9F.jpg

beoff空間を「ファンタスティックな空間」として絶賛の学校長
皆の勇士を撮影中、後ろからパチリ

2011年03月24日

夜と霧

%E5%A4%9C%E3%81%A8%E9%9C%A7.jpg

沢山の情報に困惑しおろおろする自分を眺めています。

イギリス在住の知人より送られたメールで教えていただいたサイトから
特に不安から少し冷静になれると思われたページ

ヴィクトール・E・フランクル「夜と霧」
経験したことは、この世のどんな力も奪えない
苦しむことはなにかをなしとげること

人間とは何かをつねに決定する存在だ。
人間とはガス室を発明した存在だ
しかし同時に、ガス室に入っても毅然として祈りのことばを
口にする存在だ。

試されている毎日

2011年03月13日

2011年3月13日

もう勘弁してと、
私はただおろおろするばかり
人の力を信じるしかないのだ
疑心より恐れより祈りを
そこへ自分を運ぶことさえ
ぐらぐらしてしまう
今日出会う人とよきものを受け渡すのみ

2011年03月06日

よきもの

NHK日曜美術館を見て「矜持」という言葉を聞く
発する人の姿と相まって、厳しく伝わる

その後、「私がこどもだったころ」も見る、小池栄子さん登場
近所のおじさんの言葉
「えいこちゃん、人はね、一度関係を持ったら裏切っちゃ駄目なんだ」

こちらは、ここ数日の身の回りのよきもの
Yさんから昨年頂いた小さな緑と赤
ぴりりと爽やかさを運んでくれる金柑
そして、携帯歯ブラシ

%E6%90%BA%E5%B8%AF%E6%AD%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7.jpg

2011年03月02日

クリエイションだよーー

110302_184821.jpg


2004年beoffオープニングを飾った「トントンギコギコ図工の時間」
DVDになりました。撮影の夏海さんより直々に手渡され、感激
ほんとうに鮮やかな作品です。
新学期になり、桜咲くころに、beoff上映会企画せねば

バンビーニでのコミュニティダンスクラスも来年度より新体制
ジュニアA・Bクラスの後、クリエイションクラスを設置します。
子供と大人が一緒になり何が創れるのだろう
トントンギコギコならず、シャキ・ウフ・ドキ・ドヒャ
何が生まれるか・・・・