Archives

2011年09月29日

イタダキマス

%E6%98%9F%E3%81%B6%E3%81%A9%E3%81%86%E5%9C%92%E6%96%B0%E7%B1%B3.jpg

なかがわアートフォレスタでお世話になった「星の見える丘農園」より新米が到着
先日の台風の被害もなく済んだとのこと、ぶどうももう終了でしょうかね。
8月に訪れた際に対面した黄金色に実りつつある風景が思いおこされます。
この農園は、なんともよきものが溢れる優しき場です。
このお米にも染み込んでいるのだろうな、楽しみだ。

久々に宇都宮市内を自転車ツーリング
曲師町のドンキホーテの裏手に小さなお店を発見
覗いてみたら清住にあるチーズ専門店・ラヴェドンでした。
「スゴイ、ついに街中進出ですね」とお話したら
「やりたいなら、やるしかないなと思って」とオーナーのお言葉
店舗拡大は決意があったと推察
シャッター通りが増える街中、こだわりのお店が奮闘です。

%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%89%E3%83%B3%E5%85%A5%E5%8F%A3.jpg

2011年09月27日

罪と罰

鹿沼出身のガッツ石松さんの監督主演映画「罪と罰」についてネット検索
その中で、このような映像に遭遇YouTubeで1から3まであります。
亀山郁夫さんの導くドフトエフスキー
ぜひご覧あれ

2011年09月23日

きらめきの形

スポーツレクリエーション大会開幕式典アトラクションの振付開始
運動競技場のセンターエリアでの野外本番
私達は「水のパート」でして、ヒロコダンススタジオのメンバーと合流し
総勢48名の大群舞なり・・・・
今回はかなり本番の状況つかみにくく、予測もできない中で
クリエイションすることは私には難題事業ですわ
しかしながら、何とかなったような・・・・現場ではどうなるやら

帰り道、東武デパートで開催の林香君展「きらめきの形」に行きました。
9月27日まで4F特別サロンで開催中
真っ白で奥行のある立体的な空間に創られたなかに、きからめくもの
溢れていました。

%E3%81%8D%E3%82%89%E3%82%81%E3%81%8D%E3%81%AE%E5%BD%A2.jpg

2011年09月19日

晴天の秋連日

%E3%81%B5%E3%82%8C%E3%81%82%E3%81%84%E6%96%87%E5%8C%96%E7%A5%AD.jpg


宇都宮市障害福祉課主催の「ふれあい文化祭」に参加しました。
セレニテのジュニアメンバー大活躍
今やセレニテの定番となりつつある「明日に向って」のラストには
お客様も立ち上がり参加くださる方もいて出演者一同盛り上がりました。
参加の皆さん、ありがとうございました。
短い打ち合わせでも対応してくださった職員の皆さんにも感謝
さすが、様々な局面で「ふれあい」が起こりました。

今朝は画家堀文子さんの特集がNHKでありました。
胸のすく、さわやかなる93歳
そうか、今日は敬老の日なんでした。

2011年09月15日

炎天下の最終練習

城山西小で「心のアンサンブル」最終練習に立ち会いました。
今年は残念なことに、宇都宮市障害福祉課のふれあい祭りと重なり
運動会本番は見に行けない・・・・残念、本日の練習が充実してきたので
安心して当日代読していただくメッセージを作成
私も参加できない分、気合いを入れて文章を書きました。

「この音楽でぜひ全校生徒によるダンスを作れませんか・・」という提案を頂き、初めて演奏の「心のアンサンブル」を聞いた時、私は本当にびっくりしました。古い録音で十分な記録ではないにもかかわらず、演奏には力と調和とが溢れていて「これを小学生が演奏したのですか?」と聞き返すほど魅力ある音楽と思いました。重厚でどっしりとした一部、優しく流れるような二部、そしてにぎやかでリズミカルな三部による見事な作曲、それにこたえる演奏を聴き、雄大な山、清く流れる川、そしてそこに集う人々の祭りという風景が広がり振付を開始したのです。 作曲の田代先生がこの音楽のタイトルを「心のアンサンブル」としたこと、私にはそのことが今まさに城山西小学校が世界中に向けて声を上げて発信するものなのだと思います。 ひとりひとりが力を発揮し、アンサンブルとなること、これは大きく言えば世界の在り方ではないでしょうか。運動会でこんなすごいメッセージをもつものはないと思います。孝子桜はもちろんのこと、古賀志には美しさが溢れています。それは自然だけではなく、古賀志に宿る伝統のもつ人と自然が織りなす美しさではないでしょうか。

子供達、元気に精一杯自分を発揮しなさい、大人たち、精一杯目と心を拓いてそれをひらかせましょう。本日のダンス「心のアンサンブル」が、ここに集う全員の心を動かし繋ぐアンサンブルとなること願っています。いざ、踊れ。           

2011年09月12日

中秋の名月

%E4%B8%AD%E7%A7%8B%E3%81%AE%E5%90%8D%E6%9C%88.jpg


真ん丸です。
池田満寿夫氏の著書「美の王国の入り口で」を読み返してます。
その中でアンリ・ルソーの「眠れるジプシー」と「カーニバルの夜」にふれています。
どちらも満月が美しい作品で、一度見たら記憶にくっきり浮かぶ作品か・・

「造形性という点では明らかにセザンヌの頑強さにかなわないかもしれない。あるいは表現力の直截さにおいて、ゴッホには劣るかもしれない。しかし画面の豊かさにおいて、画家の心の新鮮さにおいて、ルソーの豊饒さにまさる絵画はほとんどないといっても過言ではないだろう。」

何故か、私は「カーニバルの夜」と、シェーン・ベルクの「浄夜」という楽曲がつながる。

東西問わず満月に魅せられるののだな

2011年09月08日

秋晴れ2011

%E5%9F%8E%E5%B1%B1%E8%A5%BF%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%91.jpg


今年も城山西小学校運動会の全校生徒によるダンス
「心のアンサンブル」の練習の時期になりました。
年々人数がふえたこともあり、毎年同じようで同じでない・・・・
本日は校庭にて練習でしたが、秋晴れのまだまだ暑さ厳しい中で
皆頑張った。
校長先生のカメラに収められた皆のこの表情
透きとおった顔ですよね
手ぬぐい首巻にした私も笑顔、みなもっともっとはじけろ