Archives

2012年04月30日

咲いた咲いた

%E6%A1%9C2012.jpg


今年の吉野の桜です。
東京での本番を目前に、子供たちと新作「子供のための組曲」もいよいよです。
5月19日13:30より宇都宮市文化会館小ホールにて、市民芸術祭の開幕として
邦楽、管弦楽、合唱、オペラ、ダンスが奏でる和と洋の舞台です。
先日初めて生演奏の音合わせ終了・・・録音で聞く音楽とは異なり生です・・・
子供達もこの新しきチャレンジを楽しんでいます。
先日30年前の教え子達と対面し、彼女らと積み上げてきたもの
もうとっくに消えてしまったものなのですが、今も鮮やかなことに驚きます。
向かい合い過ごしてきたのだな・・・・
咲いては散り、また咲いては散り、けれど消えることなく、見えぬものが
脈々と確実に密かに思いもよらぬものとなり、現れては消えるのです。
その時その時で懸命に咲くしかないのですな。
まずは宮本作品へ、そして開幕公演へ、そして5月の祭典と
5月は咲きづつけるのみです。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form