Archives

2012年12月31日

2012年大晦日

%E5%A4%A7%E6%99%A6%E6%97%A5%E7%A9%BA.jpg


スタジオ バッチリ大掃除。
Mちゃんと大奮闘して見違える更衣室になりました。
普段はパスしてしまう場所を念入りに・・・・
心なしか、空気も透きとおったような気もします。
お墓参りをして、お世話になっているKさん宅にご挨拶して
お正月用の千両を購入しチャリを走らせ走らせ師走。
昨日の雨とは打って変わり、青空に心弾む。
世界中が幸せに向かうよう、祈るしかできない。
スタジオから持ちかえった不用品、洗濯物をまとめ
新年へ向かう、大晦日なり。
今年一年、ありがとうございました。
さらなる年も流れゆくことに感謝して心新たに年越します。
良い年でありますよう。

2012年12月28日

お好みのひと時

%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9%E5%BF%98%E5%B9%B4%E4%BC%9A2012.jpg


本日23名によるダンス忘年会終了
今年の締めくくりにふさわしく
セレニテ中高生、ボーイズチーム、そして
からだの学校の面々、バレエダンサーに主婦etc
言葉を基に得難いひと時を創りだしました。
ひたすら創りだすことに集中し、傾注し、交流する人々
そうしたところに移行している人の生み出す空間は、
格別なもの
ああああ、よいわ、
こちらは、お昼に食べた「お好み焼き鯛焼き」
意外にイケるのです。私のお気に入りです。
寒さを忘れる、心温まる忘年会でした。
今年もあとわずか・・・・

%E3%81%8A%E5%A5%BD%E3%81%BF%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%84%E7%84%BC%E3%81%8D.jpg

2012年12月25日

グレート・ギャツビー

%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%93%E3%83%BC.jpg


先日図書館でふと手に取った「グレート・ギャツビー」
私には縁遠い本とずっと思っていたが、なぜだか読みたくなる。
ネットでフィッツジェラルドの検索をしたら
来年ディカプリオ主演でリメイクされるとありました。
まだ第一章を読んだばかりですが・・・
この本は文章でなければ匂わない軽やかさや複雑さが満ちている
翻訳の村上春樹さんも書いていますが、音楽の様なリズムがあり
文章ならではの果てしない何かを感じてしまう。
昨晩は種田山頭火の「濁れる水の流れつつ澄む」というテレビ番組あり。
有名な「分け入つても分け入つても青い山」
「まつすぐな道でさみしい」
「また見ることもない山が遠ざかる」
豪華絢爛なギャツビーとは対極のような山頭火ですが
なんだかつながる世界を感じてしまう。
山頭火の極限までに簡略されたぽっんとした言葉と
暗示の重みをもちながら、同時にエーテルのように軽く、
捉えようとすると指の間からするりと逃げていく(村上氏あとがきより)
フィッツジェラルドの言葉
孤独に生き抜いた人達なんだな・・・

2012年12月23日

寒っい・・が、バッチリ

%E5%86%AC%E6%9C%A8%E7%AB%8B.jpg


急激な寒さ・・なるべく電力頼らないようにしたいと思いつつ、
レッグカバーや靴下や上着、着込んで過ごしております。
昨日は子供たちと1月13日なかので発表の新作作業第2弾。
全体練習 僅か3回で乗り込もうという無謀な作業。
出演者28人中26人が集まり、大奮闘。
なんとか出来上がりました。
スゴーーーイ。
幼児から高校3年生までのバラエティーメンバーが織りなす、
直線と曲線のタペストリーのようなものになりました。
外は寒しでしたが、スタジオ内は熱きエナジー充満。
セレニテジュニア、ワイルドだぜ。

2012年12月18日

太陽と羅針盤

%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%A8%E7%BE%85%E9%87%9D%E7%9B%A4.jpg


久々の太陽
来年のセレニテの作品の方向性が立ち現われました。
2002年上演の「太陽と羅針盤」リメイクです。
初演の際の出演者は、現役では、Mちゃんひとり・・・・
この作品は、ギタリスト小川倫生さんの名曲「太陽と羅針盤」を
基に、音楽生演奏と詩の朗読とダンスがコラボした貴重な
思いで深い作品です。
まだ詳細は未定ですが、まず手始めはダンス忘年会から・・
今年も恒例のダンス忘年会行いますが、新たなる「太陽と羅針盤」創造
に向けての即興作業を交えつつ皆さんと楽しみたいと思います。
飲み食い無しの忘年会、どなたもウエルカム。
12月28日19時から21時予定
楽曲と言葉とダンスを飛び交わせたbeoffならではの忘年会。
お越しの際は、事前にご連絡いただけるとありがたいです。

2012年12月16日

浄夜

いきなりの悪寒と発熱で、2日間ひたすら寝ました。
寝て寝て寝て・・・何かが吹き飛んだような浄化された気分です。
どうしてこんなにすっきりしたのか・・・・な。
本当に身体は不思議ですわ。
昨日は子供達との肝心の仕事があり、本日は仙台での
スタジオパフォーマンスがあり、回復しなきゃ必死だったのも
効をそうしたのかもしれません。
仙台は暖かき皆さんの交流溢れ、終始よきエナジーが充満
またしても写真撮り忘れ・・片づけを終えた重鎮メンバーをパチリ。

%E4%BB%99%E5%8F%B0%E7%B1%BE%E6%B1%9F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88.jpg


お疲れ様でした。
病み上がり故失礼して早々に戻り選挙速報・・・ドヒャ、そこへ
知人よりこんな写真が舞い込みました。


12%E6%9C%8816%E6%97%A5%E6%9C%88.JPG


シェーンベルクの「浄夜」を思い起こす。
冬という季節は、寒さが肝心なのだ。
澄み切る冬の何かに目覚める思いです。
人を超える極地のようなところへ、行きたいな。

2012年12月11日

なにがなんだか

%E9%9D%92%E8%9B%BE.jpg


人と物とに挟まれておろおろする1週間でした。
冷静に判断する、行動する
それでも、上手くいくこと行かないこと・・・
それでも、今日をこなすこと・・・
ジョン・ケージ著作集(ちくま学芸文庫)を購入。
画家デクーニンの話
講演の際、彼に過去に最も影響を与えた過去の画家は誰かと
尋ねられた時「過去は私には影響を与えない。私が過去に
影響を与えるのだ。」といったとか。
「我々の生活は、一度我々の知性や願望を遠ざけ、自ら進んで
為すにまかせるなら、非常にすばらしいものなのである。」
んんん、私はひよっこ。
若き頃よく通った青蛾のおじさんを思いおこす。
今年の秋よりギャラリーとしてオープンしました、その看板。
おじさんは亡くなられましたが、ひょっこり時々現れる。

2012年12月08日

公開授業

%E5%85%AC%E9%96%8B%E6%8E%88%E6%A5%AD2012.jpg


城山西小学校での公開授業終了。
今年も照明付きの舞台発表、1,2年生と前日2コマ時間内で
創りだしたものを観客にお披露目・・・・
どうなるんだ・・・と心配でしたが・・・
わんぱく公園の思い出を基に、個人とグループによる創作と
「WARAKU DANCE」で盛りあがりました。
寒い体育館ですから、最後は観客の皆さんも全員WARAKU
遠くアルプス市から来校の教育委員の方々も、背広姿で
ノリノリのダンスで参加くださり、演者と一体になった公開授業
いやいや・・・スゴイ。
急いでスタジオに戻らねばならず、写真撮るのも忘れてましたので
玄関先をパチリ。
晴天にふさわしいパワーフルな城山西でした。

2012年12月06日

夜明け

早朝よりスタジオレンタルがあり、まだ暗い中をチャリで走行。
意外に歩いている人多し。ウオーキングですな。
日中は歩いている人あまり見かけないんので、なんだか不思議。
しかし、早朝の何かが始まる・・という空気感は爽快。

昨日生徒のAちゃんから舞台に立ったことへの感想と謝辞の
お手紙を頂き読みましたが、もう、驚くべきエナジー。
読んでいてこちらが嬉しくなりました。
その人が掴み取った言葉は響く・・・若きAちゃんの夜明けの言葉だ。

%E6%BE%A4%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%93%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA.jpg

以前も登場しましたが写真家澤野新一郎さんお写真再登場

2012年12月02日

ガンジー

小出裕章さんの言葉にガンジーの引用あり。
一、原則なき政治
二、道徳なき商業
三、労働なき富
四、人格なき教育
五、人間性なき科学
六、良心なき快楽
七、犠牲なき信仰

永遠に生きると思って学びなさい。

語る映像

宇都宮大学教育学部2101教室で2本の映像を見ました。
「フクシマの嘘」
そして「friends after 3.11 劇場版」
小出裕章さん
どちらもインターネットで見ること出来るので貼り付けます。
小出さんのことを知らずにいました。
このインタビューを受ける小出さんの言葉の出し方には、
なんとも深いものを喚起させられる
参考人として発言している映像もあり

「自分の人生を生き切る」という小出さんの言葉
私はどう生き切れるか・・・
見えないものと向かい合うことはかなりの辛抱と熱意がいる、
彼の姿が語りかける・・・、なまじの強さでは生き切れないのだ・・・。
始末の仕方がわからないもの、私も容認してきてしまったのだ。

%E8%8A%B1%E8%B4%88%E3%82%8A%E7%89%A9.jpg