Archives

2013年11月28日

とちぎ95

2013%E3%81%84%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86.jpg


アーカイブ公演関連で新国立劇場にて会議
諸々の課題にそれぞれの連携のなか、ため息交じりに進行。
いや・・・大きい仕事だわ。
自分のアーカイブと思い、国民文化祭とちぎ95の映像を見ました。
オープニングの作品の振付、3部の石井みどり作品のダンサー
企画委員という三役に溌剌と立ち向かっていた自分にビックリ。
いや、私だけでなく、誰もがエネルギッシュに見えました。
映像を見るのは好まない習性があるのですが、ここまで月日が
立つと、なんだか不思議なものを見ている気分です。
デスクワークを離れ、外に出てみれば、銀杏が美しい。
本日はこんなにも青空だったのか?
今の私はどのくらいのものか。
突っ走っていた我が身はいずこ・・・・・

2013年11月25日

陽だまり

冬です。
太陽の暖かさ、しみじみ有難い。
画家の堀文子さんの言葉に
「零下五度などという日はなまぬるくだらしがないようで
興味がもてなかった。」というものあり。
極寒の零下二十度にもなる山の寒さを体験されたときの言葉
スゴーーーーーイ。
「現状を維持していれば無事平穏ですが、
新鮮な感動からは見捨てられるだけです。」
寒さにおののいてなどいられませんな・・・

しかしながら、こんな日差しを眺めるのもまた格別なり。


%E9%99%BD%E3%81%A0%E3%81%BE%E3%82%8A.jpg

武田邦彦さんホームページより
福島より移動した北九州市に住む女性の映像です。

2013年11月20日

名残惜しくも

ついに修理に出したパソコンが戻ってきます。
PCわんださんよりレンタルしていたこのパソコンとはお別れです。
beoffのサイトには写真がアップできなかったのが、なぜか
このパソコンで操作したらアップできてしまい・・・不思議・・・
1999年に怪我をした際に家にじっとしているならと
初めて購入したパソコン。今ではなくてはならない存在ですわ。
私がダンス始めたころは、まだレコードが使われていましたのに
あれよあれよと身の回りの機材は移り変わりました。
先日ご近所のギャラリーHANNAに行きましたが
ここは、私が育った昭和の家そのもの。
この感じだったわ。
なぜだか、誰もいないのに、ほんのり漂っているような空間に
思わず小学生だった頃のわが身が見えるようでした。


%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%8A%E5%A4%95%E6%9A%AE%E3%82%8C.jpg


2013年11月16日

新国立劇場

%E3%83%90%E3%83%AC%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%82%B9.jpg


2014年6月7,8日新国立劇場にて日本のモダンダンスの
原点ともいうべきパイオニア方々の作品が復刻上演されます。
先日、この上演に向けての音楽家との打合せが始まりました。
広いリハーサル室でピアニストとバイオリニスト、音楽監督
振付師、ダンサー、制作関係者が集合。
本番までの練習のための音源が作られ、貴重な本番に向けての
コミュニケーションンの時間は、美しく楽しく豊かなものです。
休憩中に廊下でオペラの振付で隣のスタジオに来ていた知人と遭遇
思わぬ出会いにお互いにびっくりです。
こちらでは、ダンス公演、あちらではオペラ公演、その向こうでは
演劇の公演・・・それぞれの演目のリハーサルや本番が行われている・・
まさに国立の劇場ならではの空気です。


%E6%96%B0%E5%9B%BD%E7%A5%AD%E3%82%8A.jpg


帰り際に、年に一度開催の新国祭りにも遭遇。
恒例のスタッフ、職員の忘年会?交流会?のようなものか
劇場を支えるたくさんの方々の仕事の顔とは異なる
仲間の笑顔が満ちたひと時に参加できました。
本当にここは、たくさんの方々が働く職場なのだ。

2013年11月11日

ミラクル旅

%E5%B8%B8%E6%A5%BD%E5%AF%BA.jpg


11月9日は、壬生の常楽寺へ行きました。
セレニテボーイズの山田君がお寺でジャズ演奏の方々と
コラボレーションするということで、本番は無理なので
勝手にリハーサルを覗きに東武電車に乗り込みました。
由緒ある大きなお寺、現代感覚あふれる住職さん、
集まったアーテイスト、なんとも世界が織り交じる
多国籍、異次元のような空間でした。


%E4%BA%95%E4%B8%8A%EF%BC%A4%EF%BC%B3%EF%BC%A4.jpg


11月10日は、井上DSDトリオついにbeoffへ・・・・
すごーーーーい。
まずは仕掛け人の井上さん筆頭に、続々とスタッフと機材が
来る、来る、来る、来る
どんどんミラクル空間に移り変わるさまを眺めつつ
そのまっしぐらな仕事ぶりに感動してしまいました。
演奏はもちろんのことゴージャスかつシンプルかつバイオレンス
形容詞いくつつけても足りないくらいの時間でした。
お客様も満足そうなお顔で帰られました。
さて、そのあと始まる撤去作業、あれよあれよと動かれて
11時に終了。
凄い、正味13時間、しかも皆さんは東京方面からお越しですからね
機材満載の車を運転して戻られるスタッフを見送り
がらんとなったスタジオには、なにかまだミラクルが漂っているな・・
井上様、皆々様、ご来場のお客様
beoffご来場まことにありがとうございました。

パソコン修理中ゆえ写真のアップができません。
しばしお待ちを

2013年11月07日

不安と期待

2013%E7%B4%85%E8%91%89%EF%BC%92.jpg


寒くなりました。
トラブル続きだった我がパソコン・・・危ない・・・
ついに修理を決断しました。
わからないことだらけですが、PCわんだのお助けを得つつ
とにかく今週末に修理出します。
毎日向かいあっているものの、全く謎だらけのPC
いってらっしゃい・・・・・無事に戻ってきてね。

さて、こちらは超期待のお知らせです。
10日日曜は、井上鑑DSDトリオのbeoffライブです。
宇都宮からは、和久文子アンサンブルも参加です。
18:30開場 19:00開演
チケットは、予約3,500円 当日4,000円
お問合せ:しおさい
どんな「音の庭」が立ち上がるのか、楽しみでなりません。
来月再びbeoffでライブをしてくださるドラマー平井景さんも
駆けつけてくださるという噂もあります・・・・
演奏者、観客、beoffに拡がる空気を満喫しにぜひお越しください。
駐車場少ないのでご注意、ご協力ください。

2013年11月04日

栃木秋ドキュメント

2013%E7%B4%85%E8%91%89.jpg


11月4日 栃木県立美術館で開催の「栃木アートドキュメント」
「みる ふれる きく アート 感覚で楽しむ美術」オープニングは
作家、入場者、関係者の一体感が生み出す豊かなひととき。
丑久保さんの108のボール中で浮く、立つ、漂う、沈む、流れる・・・
日原さんの立体の間で屹立し、倒れ、切裂き・・・・
観客の眼差しに支えられ、作品に与えられ、
あの場でしか生まれない得難いソロダンスになりました。
ありがとうございました。


2013%E7%B4%85%E8%91%89%E7%A9%BA.jpg

栃木の秋、最高です。