Archives

2014年04月03日

ダンス公演、いよいよ

2014%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7.jpg


2014年5月22日
第34回モダンダンス5月の祭典 バラと桜の祝祭
開演:18時45分
会場:東京芸術劇場(池袋)
チケット:5,000円(全席指定)
現代舞踊協会恒例の5月の祭典はが今年は
日本とスペイン交流400年記念特別企画公演として
日本フラメンコ協会とのコラボレーションになります。
公演自体は、20日から23日まで行われますが
私の作品は、22日に上演です。
アキオキムラさんとのデュオ、「二重の影」
二人の身体が創りだす、二重の形が展開するダンスです。
ぜひ、お越しください。申し込みは妻木まで

6月6,7,8日ダンス・アーカイヴ in JAPAN開演:6日19時 7,8日15時
会場:新国立劇場 中劇場
チケット:A 5,400円  B 3,240円
驚くべきことに、チケットがどんどん売れていまして、A席が
ほとんど完売のようです。
ただし、5月中旬以降に、予約のキャンセルが出る場合有ます。
詳しくは、新国立劇場のサイトをご覧ください。
私は8日に伊藤道郎さんの「ピチカット」を踊ります。
自作は創ることの苦心惨憺、「ピチカット」は踊ることの苦心惨憺
現代に生きて暮らすこの身体の軟弱、貧弱、軽さに直面。
どこでどう立ち上がるのか。
お立会いください。

そして、もうすぐファインフィールドフェスティバル開催です。
4月19日公募パフォーマンス 
14時開演 チケット1,000円
今年も思いがけない作品が登場します。
からだの学校メンバーによる地元パワフル愉快作品を皮切りに
テクニシャンたちのダンス作品続々、一人芝居、一人影絵も・・・。
どんなものが飛出すやら・・・

4月20日朗読劇「あらしのよるに」
15時開演 入場無料  宇都宮市文化会館小ホール
朗読劇に生演奏、ダンスが加わります。
セレニテ有志も登場します。ぜひ、ご来場ください。
総合演出担当で、どうつなげていけるか、こちらも苦心惨澹です。

ぜひぜひお越しください。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form