Archives

2014年05月13日

迫りました

%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3.jpg


いよいよ本番迫ってきました。
「二重の影」は、まだまだ思いめぐらせ、確信を模索。
どうにでもなるがゆえにどうにもならぬ。
「ピチカット」は、僅かなこと、リズム、フォルムをいかに
ダンスならではの醍醐味を生み出せるか。
我が身は楽器であり演奏者であり、音そのもの・・・
7月の東京新聞主催の現代舞踊展正田作品のリハもあり。
こちらのタイトルは「クラクション」
三作品のリハをこなす日々は、なにがなんだか。
ただただ、身を浸して臨むしかない。
花々のように、無心に咲かねば。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form