Archives

2015年12月30日

山笑う

%E7%88%B6%E5%90%8A%E3%82%8A%E6%A9%8B.jpg

晴天続きの年末、掃除する意欲湧きます。
とはいっても、雑然となったデスク回りは、なかなか片付い。
今年は映像はかなり整理できましたが、写真は手つかずどっさり
これまでの事業の数々の資料も、ままならず・・・
オリジナルな手づくり感満載の整理整頓の名手は、我父。
几帳面のようで実に大雑把なところが面白い。
彼の手になる段ボールの棚や箱は、既製品とは異なる味わいあり。
手づくり額に自作の句は、ほのぼのとした趣あり。
最近の彼は、自宅の2階を一歩も出ることはなく、その日常が
世界のすべてであるかのごとく優雅に楽しんでいるように見えます。
晩年寝たきりになった正岡子規は、寝床から見える自宅の庭を眺め
そこにすべてが見えるというようなことを言ったとか・・・
父もまた、極小の世界にいながら、満足の旅をしているのかも。
耳もよく聞こえず、音の世界も狭ばまるだろうに、いや、それゆえか
完全に自足の世界が歩るけるのかも。
彼の感じている空間と時間は、どんなものなのかな・・・・・

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form