Archives

2016年01月31日

寒いよ、SUNDAY

%E8%8A%B1%E6%9D%9F.jpg


寒さもあり、体調が今一つ。
昨日は、パソコンもどうしたことかネットにつながらず・・・・
焦りましたが、なんとか持ち直して、ホッ。
今朝は自転車を飛ばして、ヨガクラスを受講し、そののちは、
栃木県交響楽団100回記念定期演奏会へ行き、
またしてもスタジオに戻り、Sさんとソロ作品リハーサル。
残雪の上を吹く冷たい風は、身に染みる。
栃響の出演者であるK校長先生への贈り物として花束を
花亀さんでチョイス。よいでしょ。ダリアとトルコキキョウ。
スタジオ出たら、ふらりと、アリランに向ってしまいました。
ガラス戸をあけたら富士見小学校5年生の一家と遭遇。
アリランで、栄養回復、元気回復。ご馳走様でした。
これでスッキリと行きたいが、まだまだ・・・・・
公募展締切日ゆえ、どのように上演できるか、悩みます。

2016年01月28日

本日のメニュー

%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%8D%E8%80%85.jpg


晴天。
埃まみれになっている小さき者たちの居場所をササッと掃除。
先日訪問した際に見つけた父の俳句
「日の匂い ぽってり沁みる 吊るし柿」
自作なの他作なのか聞きましたが、耳が遠くて会話不成立、
分からずじまいですが、そのようなことは抜きにしても
登場するすべてが、ぽってり、と相性よく、ほのぼの
おお、ベジファームの野菜を鍋に放り込んでたのでした・・
カブに人参、玉ねぎ、牛蒡と、こちらはまだ、ほっこり。
この後、ぽってりに変身して、帰宅後の夜食用シチューに。
セレニテは夏のスタジオパフォーマンスに向けて新作に取組中です。
それぞれが見えてくる作品、本番目指して今日もなにが起こるやら。
「とろろ汁 やるべきことが みえてくる」
こちらも父作? とろろは元気が出るからなのか、なんだか
笑ってしまうけど、気になる一句です。

2016年01月26日

鳥の歌

%E3%82%AB%E3%82%B6%E3%83%AB%E3%82%B9.jpg


井上鑑さんのプロジェクト連歌「鳥の歌」のサイトにて
井上さんのお父様井上頼豊さんのチェロ演奏を、
そしてYou Tubeにてカザルスを・・・・・・
我が身の薄さ、騒がしさ、おバカさを、
花粉も始まり、鼻水すすって聞き入ります。

2016年01月24日

心の旅

%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E7%89%A2%E7%8D%84.jpg


大雪の西日本や北陸、被害の少ないことを。
関東は晴天となり、私のルーティーン、床の掃き掃除
オイル嗽、洗濯、草花への水やり、無事終了。
大雑把ゆえ順序はまちまちですが、決めたこと必ずやるのは
頭がスッキリとする行為です。悩まずしてただ黙々とやる・・・
しかしながら、多くのことは、そうはいかない、悩み、あれこれ、
予想外と出会いつつ困惑したりワクワクしたり常に変化する。
久しぶりにミヒャエル・エンデの本を購入しました。
まだ読みだしたばかりですが、ありそうでありえない
現実を乗りこなそうとするファンタジーの予感がします。
本の扉には、「エンデ晩年の傑作短編小説集。精神世界の深み
におもりをおろし、そこに拡がる様々な現実を色とりどりの花束
に編み上げた、エンデ文学の到達点を示す力作」とあり。
エンデの創りだす技を探しつつ、我、心の旅をしたいな。


2016年01月17日

一隅

%E3%83%94%E3%83%A8%E3%83%94%E3%82%B6%E5%A4%96%E8%A6%B3.jpg


久しぶりに大相撲をラジオでじっくり観戦。
怪我の力士が多く、解説の親方が、休むのも肝心、半端な身体で
土俵に立つのは失礼なこと、休んで治して新たに立ち向かう覚悟も必要と。
身体で勝負するものにとっては、怪我は付きまとう・・・
しかしながら、やはり強い力士や名選手は怪我が少ないです。
背後にある努力や積みあげ、準備に加えて、何かがあるのだろうな。
自分のやるべきことを実践できる心身の強度。
写真はピヨピザの外観。かつての店舗益子焼ぽぽろの看板を外さず。
何故と聞いたら、版画家川上澄夫さんの文字であり、ある意味で
作品のようなものだから残しておくのだと・・・・この店主の想い・・・
確かに、この文字を見てホッとする人も沢山いると思いますよ。
神戸の震災から21年。
「一隅を照らす」 昨日Yさんがこの言葉を教えてくれました。
いま、ここで、何をすべきか。実践の言葉と思いますわ。

2016年01月16日

春渡祭

%E3%83%94%E3%83%A8%E3%83%94%E3%82%B6%E6%96%B0.jpg


おたりや(春渡祭)の焚き上げへ正月飾りを納めに行きました。
金網越しですが、大きな炎。燃えろよ、燃えろ・・・
正月が終わる節目です。
二荒山に参拝したのですから、なかなか行くことができなかった、
新しき赤門通りのピヨピザへ行きました。
この場所は、以前は益子焼を扱う老舗の店舗、2階もあるとは知らず、
上がってみると、大きな世界地図の壁紙がどどーーーんとあり、
水牛のチーズのマルゲリータを頂きました。美味しい・・・
ワインが飲めれば最高なのでしょうが、嗜む体質ならずで残念。
しかしながら、久しぶりの店主T君との会話も弾み楽しき昼食でした。
夜の中高生クラスでは、前日拝見したダンス公演に触発され
アランの「幸せだから笑うのではない、笑うから幸なのだ」という言葉
を伝え、実際声を出して笑うことを試してみました。
流石セレニテ中高生、面白がってチャレンジしてくれました。
私も見本と称して何回も大声出して身ぶり手ぶりついて大笑い。
笑う門には福来るですものね。
世界中に福よこい。

2016年01月12日

栄養ゲット

%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AE%E6%97%A9%E6%9C%9D.jpg


早朝の青空を見上げて駅へ。
出演者28名+保護者の皆様とともども総勢40名近い人数で
湘南ラインに乗車すると、ほぼ車両独占状態か・・・
無事本番を終えて帰宅は、まちまちでしたが、中学生らと一緒に
宇都宮駅に8時に到着し、宇都宮の寒さに驚きつつバスへ乗ると
なんとだるま市から帰る途中の施術師Nさんと遭遇。
本番の様子を報告したら、「こんな日こそ、肉を食らうべし」との助言
適当にご飯食べようと思っていた矢先でしたので、「なるほど」と回心し、
コンビニでレトルトながら生姜焼き豚肉を購入して
先日天日干ししておいたシイタケと青菜の汁物とメカブで夕飯。
ちょこっとの手間の夕飯でしたが、なんか元気でましたわ。
高熱出したRちゃんは、なんとかそれでも東京まで来て本番を
踊り切りましたので、今朝はどうなっているやらと心配でしたが、
流石、本番パワーなのか、元気に学校へ行ったと・・・
彼女も回復に必要な栄養をゲットしたのでしょうな。
私も肉の効果ありのようです。Nさんに感謝。


2016年01月10日

次なる あした

%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3.jpg


昨日は、セレニテジュニア「あした」の最終リハーサル。
流石に全員集合で、しかも、空間の広い場所での練習でしたので
充実しました。ラストは、保護者の皆さんに見ていただき
暖かき応援の大拍手を頂きましたので、これでパワー充電。
今回は、初めて東京の舞台に出演の面々も多く、フレッシュ。
小粒ながら、美しく咲くことと期待しています。
よき舞台にしましょうぞ。
ブレイクダンス大会の会場にbeoffを使いたいという方や
初めて公募展への応募のメールも続々到着していまして
beoff初登場の方々のフレッシュな兆しを感じます。
beoffも「あした」も愉しみですわ。

2016年01月07日

男は つらいよ、たのしいよ

%E7%89%A1%E8%A0%A3%E5%8D%97%E8%9B%AE.jpg


昨日は早朝6時より自転車を飛ばして東京へ。
リハーサルの後、打合せをして、メルパルクホールへ行きました。
バレエコンクール会場は、若手ダンサーで大賑わい。
1月3日より8日まで、予選だけでも1,200人以上が出場のよう・・・
第19回ですから、20年の間にどんどん規模が拡大したのですね。
審査委員も約50名近くいらっしゃいます。
コンテ部門を最終まで見て新幹線へ乗車したら、
なんとセレニテSちゃんのお父様と同席になりました。
彼は毎朝夜明け前に宇都宮を出て、深夜帰宅の日々なのだとか。
にこやかに、軽快に、車中での会話はかなり楽しかったのでしたが、
父の踏ん張りやご苦労も伝わりました。
今朝は、新潟十日町の縄文人ツネルペさんよりメールあり
定年退職後は、NPOの事務局として、縄文ダンサーとして、
また高校の非常勤講師として大忙しとのこと。
お役人だった頃以上に、大活躍の日々が伝わりました。
写真は以前も紹介しましたが、ご近所の松ケ峰の田中蕎麦屋の
冬のお気に入り「牡蠣南蛮」、この季節はね、これが美味しいのですよ。
こちらご主人も同級生なり。

2016年01月05日

ご近所パワー

%E3%82%86%E3%81%BF%E9%BB%84%E8%89%B2.jpg


年明け早々、4日よりクラス開始。
昨年末より始めた30分間のショートショート体操クラスは、
予想以上の滑り出しです。
これもご近所のあおぞら珈琲店のネットワークの賜物。
午前中のクラスに参加できなくなった面々も来てくださり、
短時間で、夜なれど、すがすがしさ充満し、嬉しい限りです。
午前のクラス、午後の自主練、夕方のクラス、そしてショート・・・
月曜は、かなりハードなれど、皆さんとの愉快な得難いエナジーと
帰路に立ち寄るアリランの美味しい食事に助けられています。
ご近所といえば、いつもお世話になっている秀まるのYちゃん
暮れに差上げた、これまたご近所の花亀さんの花を
こんなに美しく活けてくれていました。
スタジオも自宅も、ご近所パワーに支えられています。
感謝です。
明日は早朝より東京、9時からのリハーサルの後は、Sちゃんの
バレエコンクールがあるのです。集中せねば。


2016年01月03日

力強く

%E5%A1%A9%E9%87%9C%E9%AF%9B.jpg


今この時も、国を逃れ命を懸けて海を渡る人々がいる
晴天の中、神に祈り、新年を祝える幸せ
昨日は、岩戸別神社に初詣
垂直に伸びきる樹木、圧倒的存在感の大岩
天岩戸を開けた神様を祭る神社で、力の神社なり。
友人宅で、塩釜焼の鯛をご馳走になりました。
鋭い牙のような歯と大きな目、何より、鮮やかな色彩
泳ぎ切れ、生き抜け、そして美しく。

2016年01月01日

年明け

2016%E5%88%9D%E6%97%A5%E3%81%AE%E5%87%BA.jpg


謹賀新年
大晦日は、コンクール出場のSさんリハーサル
終了後は、Mちゃんと、スタジオ大掃除
普段しないところを徹底して行う・・・ということで、2人とも大奮闘。
Yちゃん宅で十割蕎麦をたらふく食べ、落ち着いた精神で
野中真理子監督の最新作「ダンスの時間」の試写用DVDを鑑賞。
今年の4月23,24日にbeoffで公開のドキュメンタリー映画です。
多くの身体、人間だけでなく、動物も植物も、自然の中にある
心身の動き、開放、交流が淡々とダンス、ダンス。
こうご期待ですぞ。
さて元旦は、八百長へ。
数を数えつつ椅子に座って足を蹴り上げて訓練している父、
老いを「私は大丈夫」と振り払う勝気満々の母、
自分に年賀状を出している父の不思議さ等々
93歳の夫婦の日常は、なかなかなのだ。
素晴らしき晴天の下、自転車飛ばして、爽快なり。
世界中が美しき方へ・・・・・明けますよう・・・・