Archives

2017年11月13日

清々しいところへ


%E8%B6%8A%E8%B0%B7%E8%83%BD%E6%A5%BD%E5%A0%82%EF%BC%92.JPG

旧篠原家住宅での新作は、「虚空」というもの
あの空間でしかないものを共有するひと時になれないか
願いつつ、作業しています。
昨日は、栃木県芸術祭本番、石原千代バレエスクールのSさんが
かつて私が振付した「暁」を再演しました。
高校生から大学生になり、また新たな彼女の空間が現れたな。
まさに暁でした。関われたものとしてなによりうれしい。
身体から立ち上がる〈何か〉が、色濃く、より個々であること
それにしても清々しさいうものは身を正します。
写真は先日の越谷能楽堂の座敷よりの庭園風景
あまりに平易であまりにシンプルであるようなもののなかに
得難い幸せを見つけるような、そういう方向もあるのだ。
次の本番は、子供たちの「水脈」
こちらは、がつんと強烈でいてそれでいて極シンプルな世界へ
そういう方へ行くための最後の修正にあがいています。


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form