Archives

2018年06月26日

ゴージャスなひと時


%E5%AE%AE%E7%94%B0%E5%A4%A7.JPG

思いがけず「宮田大チェロリサイタル」の招待券を頂きました。
栃木県経済同友会創立30周年記念コンサートということで
同団体総会の後の企画だったためか、月曜午後4時開演
午前と夜の仕事の間ですから、私には最も良き時間
劇場は大勢の観客集まり、宮田君の人気、流石です。
チェロは、1698年製ストラディヴァリ、、、
上野製薬が持っているものを借りての演奏ということで
名器での演奏はいつもとは異なるのでしょうか、、
個人的にはヴォーン・ウイリアムス作曲「揚げひばり」が最高
天空に舞い上がる世界は、鈍化した我が身を引き上げてくれる
現代音楽は弾かないのでしょうか?、ぜひ、聴いてみたいわ。
32歳の若きチェリスト、どこまでも舞い上がれ、、、、
しかしながら冷房のキツイ室内に座り続けるのは厳しい
股関節が、、、おばさんダンサーは、現実をかみしめつつ
気分だけは爽快に自転車こいで仕事へ向かいました。


trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form