Archives

2018年09月30日

カッコイイ


%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%80%80%E6%98%A0%E7%94%BB.jpg

台風のため、東京でのリハーサルが中止になってしまい、
急遽の空き時間、、、、、であるなら、見逃した映画を見よう、、、
ヒカリ座にて「シューマンズ バー ブック」という
伝説のバーマンのドキュメンタリー
全てがカッコイイとしか言いようのない映画でした。
役者以上にスター性を醸し出すバーマン シューマンズ
歩く姿、佇む姿、日々の姿も超カッコイイ
何だろうな、このカッコよさは、、、、

2018年09月28日

天の恵


%E5%9B%9B%E8%A7%92%E8%B1%86.JPG

なんとも美しい、、、知人の畑で採れた野菜
下に在るのは四角豆、食感がパリッとしてしかも美味しい。
見ているだけで、なんだか幸せな気分になる、、、
また台風の到来
新米のお知らせが有機農業かえる農場より届きましたが
収穫に追われるこの時に、また台風とは、厳しい。
天には逆らえない
受け入れて進む農業者は心底強し。
虚弱な私は久しぶりの晴天にうかれ、とにかく洗濯三昧

2018年09月26日

海のグラス


%E6%B5%B7%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9.JPG

なかなか自分を想うように運ぶのは難しい。
理性や知性では運べぬこと、多々あり
自分以外のものに及ぼされよう
まわりに漂うものに及ぼされよう
Tさんより頂いたグラス、富山の海沿いの工房の作品
上からのぞくとまるで海
心を空にする技、教えておくれ、、、、

2018年09月25日

名月の夜


%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9D%E5%90%8D%E6%9C%88.JPG

昨晩は中秋の名月
雨の予報でしたが、予報は外れ、美しい月が登場しました。
祝日にもかかわらず、ショート体操クラスありましたので
スタジオへの行き帰りに名月を眺めつつ月の光受けつつ、、
静かな夜でした。
アリランで白ワインと枝豆と蛸の唐揚げと、御団子頂き
独り走る自転車の帰路は、なんだか、、よし。
我が携帯では名月は美しくは撮影できず
名月の手前にそびえるスカイコーポをパチリ
秋になりました。

2018年09月21日

物語の力

%E3%81%82%E3%82%93.JPG

在る時このカフェである方が「感動した」といって閉じた「あん」
私もカフェの本棚から取り出し、読んでみよう、、、、
偶然か、、、この本、NHKラジオの朗読で聞いたものだ、、、
どら焼き屋の話しで妙に気になったこと思いだしつつ
、、、、、、読む読む読む、、、、、
ああああ、ハンセン病でしたか、、、、、
我が10代の終わり、20代の始まりの春、思いもよらぬ偶然から
私もこの病気を知りました。
縁あり、その年の夏、ハンセン病であった方が暮らす韓国の農村へ
ワークキャンプへ行ったこと、甦りつつ、、、
もう読みきるしかない、仕事に時間も迫るので、ものすごい斜め読み
とにかく最後まで辿り着き、本を閉じ、涙出ました。
樹木稀林さん主演で映画にもなっているドリアン助川さん作品
監督は河瀬直美さん、もう観るしかない。


2018年09月19日

出航


%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E6%B0%B4%E4%B8%8A%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E8%88%B9.JPG

つかの間の晴天らしく、この機に洗濯
ラジオからは、安井かずみが綴った歌謡曲特集、ノリノリです。
実は日曜夜リハーサル終了後、東京宿泊しましたが
何やら熱が出てきてドヒャ、、、これは風邪を引いたか、、、
髪を切るとエネルギー落ちるので要注意で気をつけてましたが、
明日は横浜でダンス鑑賞、なんとか熱下れ、、、と水分を取って寝る
思いが通じたのか、翌朝は熱も下がり、無事横浜へ。
ということで流石に昨日はいま一つ体調が戻らずでしたが
今朝はかなりの快復
新しいことが次々に起こるような気がしています。
写真はイギリスからの豪華客船
水上バスより撮影したので「禁煙」文字がなんだか笑えますが
ビルディングが船になったような威圧感。
海なし県に育ちましたので、港に行くだけで気分は爽快
拓かれている、旅立ちの気分が充満します。

2018年09月18日

横浜訪問

%E6%A8%AA%E6%B5%9CKAAT.JPG

久しぶりに横浜へ行き、KAATでダンスを鑑賞
このような劇場だったっけ?
久しぶりで全てがワクワク
横浜駅で降りて水上バスで山下公園、船からの眺めは最高
祝日の山下公園は、心地よき人々の憩いの場
セレニテ面々と待ち合わせして中華街でお昼を食べる予定でしたが
あまりの人の多さにたじろいでしまい、長閑な公園付近で
ハワイアン料理を食べ、劇場へ行きました。
フォーサイス作品、カニンガム作品、ともに揺るがない強度あり。
2作品の上演で、両者の対比もより明確になりました。
かえすがえすカニンガムはあっけらかんとしているな。
今回の横浜訪問は全てが私には非日常でしたわ。

2018年09月15日

フラの夕べ


beofffura.JPG

昨日はbeoffでフラのコンサートがありました。
3人のミュージシャンとダンサー2人
リハではその透明な歌声に青空が見えるよう
軽く流れる様な歌声と演奏に、ハワイが立ち上がる、、、、
予想以上のフラファンは栃木に沢山いらっしゃるのですね
開演前より沢山のお客様が続々と登場
開場したらあっという間に客席が埋め尽くされました。
終演後ダンサーお二人あれこれ少しお話しできました。
強さと柔かさが真髄のようなフラダンス
セレニテ中高生も鑑賞させていただきましたが
どのように見たのかな・・・・
思わぬ ハワイアンなひと時でした。
準備から片付けまで動き続けたスタッフさん、お疲れ様。

2018年09月13日

国境なき


%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%AA%E3%81%8D%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E5%9B%A3.JPG

ラジオを聞いていたら、「国境なき記者団」という組織があると。
国境なき医師団から届くことごとは、今この地球のこと
我がささやかな日々も、世界の惨状も 今、同時に起きているのだ。
誰もが国境なき今を生きているのだ。

2018年09月11日

木霊 歌う 笑う 2018

%E5%9F%8E%E5%B1%B1%E8%A5%BF%E7%B5%A6%E9%A3%9F.JPG

今週末土曜は、城山西小学校運動会
全校生徒によるダンス「木霊 歌う 笑う」の練習もあと1回
毎年学年の人数も変わりますし、少しずつ修正変更ある中
その年のメンバーでできるダンス目指して練習しています。
明日の最終練習で、どこまで辿り着けるか、、、、
終了後は、給食を頂きます。
美味しいのですよ。
急に秋風が吹く天候に様変わりし、暑さは消え 心地よし。
もう一つの孝子桜、秋の校庭に立ち上がりますよ。
御時間ある方お越しください。
御昼前のラストの演目になります。


2018年09月08日

旅立ち


%E7%88%B6%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97.JPG

元気に過ごしていた父が亡くなりました。
おそらく苦しむ時間も短く、誰にも看取られずでしたが
微笑むような最後だったと思います・
整理整頓を得意とし「淡々と自分のやることをやる」という
日々の姿勢を貫いていましたので、最後もささっと始末して旅立ち、
本当に父らしいと清々しく見送ることができました。
通夜、告別式と沢山の方に見送っていただき有難いことです。
養護施設の方が作って下さったアルバムの中にこの写真あり。
96才同士のトランプ、二人だとババ抜きは出来ないので
7並べしかないのよと母が言ってましたが、確かに。
私は、ひさしくトランプをしていないな、、、、
昨晩は兄や姉との時間を過ごしました。
合掌

2018年09月06日

ユリと巨木


%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%82%86%E3%82%8A.JPG

台風に続き、地震
被害が少ないことを願うのみ
昨晩Yさんより頂いたユリ
静かに我家に佇んでいます。
昨日は城山西小学校「木霊 歌う 笑う」の振付
思い切って大幅改革しました。
大きなうねりのあるダンスになるよう。
大きな祈りの輪になるよう。
もうひとつの孝子桜、立ち上がれ。

2018年09月02日

心新たに

%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89.JPG

いよいよ秋の企画のみの日々到来
しかしながら、その先も考えないと、、、、
かえすがえす、猪突猛進でしか進めない我が身だなと
余力がない、、、、
もっと優雅になれないものか、、、
先日セレニテコンクール出場の保護者の方から
このような美しいカードを頂きました。
眺めつつ、心新たに。

2018年09月01日

感謝の言葉


%E6%84%9F%E8%AC%9D%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89.JPG

96歳の両親は現在鹿沼にあるホーム暮らし
敬老の日のイベントで母が代表で感謝の言葉を述べるらしい。
ホームの方が母が以前書いた自伝的小説?をうまく抜粋下さり
立派な原稿が完成。
母は自分が選ばれたことを表彰されると勘違いしてるふしもありますが
まんざらでもなく楽しみにしているようです。
かえすがえす、母にとっては父との出会い、彼女の人生最大のこと
だったのだなと伝わります。何もすることがない日々の中で
思いでを辿り日々を楽しんでいるのかもしれません。
目下顔を合わせても全く会話もない二人ですが、、、(笑)
父は毎日新聞をくまなく読んでいるので、南宇都宮納涼祭も認識
「盆踊りは無事に終わったのか?」と聞かれました。
二人とも穏やかに淡々と日々を過ごしています。
ありがたいことです。