Archives

2019年04月16日

アートの1ページ

宇都宮市民芸術祭40周年記念事業
新時代の扉を開く わたしたちが創るアートの1ページ
「折々のうた」四季でつづる それぞれの世界
2019年5月19日 宇都宮市文化会館大ホール
開場:13時 開演:14時

チケット:一般2,000円 高校生以下1,000円

ジュニアジャズオーケスタラが幕開きを担い
民謡による「春」、ミュージカルもよる「夏」、日舞 謡曲による「秋」
そして、洋舞による「冬」がトリを務めます・・・・
冬から再び春へつなぐのは、妻木振付大金歩ソロ&則兼大地映像
これまでにはない、新世代へつながる企画になりました。
洋舞の面々は、オーデイションを経て合同作品に挑むホープたち
総勢50名によるバレエ「雪」(林みどり)と創作「冬」(柳宏子)です。
先日舞台稽古をしました。さすがに大ホールはひろーーーーい。
全員での記念写真はこちら
新しいことに挑む若手の身体は清々しく美しい・・・
ぜひ、ご来場ください。


%E6%B4%8B%E8%88%9E%E8%88%9E%E5%8F%B0%E3%83%AA%E3%83%8F.jpg

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Tsumaki Ritsuko DanceWorld にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form