Archives

2021年12月31日

大晦日


%E5%A4%A7%E6%9F%BF%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%B3.jpg

大晦日、この日は毎年お墓参り、1年に一度、いつも同じ店で
お供えのお花と、お世話になった方へのお花を購入してお寺へ。
今年も晴天の下で、祖先への挨拶ができて何よりです。
スタジオへ行き、帰り道、あおぞら珈琲で一息
偶然ご近所の同級生Y子さんと遭遇、短い語らいできました。
南宇都宮の重鎮メンバー、あおぞら珈琲&アリラン店主とも
対面で挨拶できなにより。
この後は、BEATCLUB主催のコンサートへ行き、〆は
ゆみちゃん宅で十割そばを頂くことになります。
写真は、M先生より頂いたシクラメン、花に囲まれた年末
ありがたいことに包まれて、今年の暮れを過ごします。

2021年12月29日

冨を集める

%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%8D.jpg

パフォーマンスの際に頂いた美しい包みを開けました。
思わず、おおお、これはどこから食べてよいやら、、、
味わう前に見るだけでもご馳走です。
実に細かく彩られていて、驚きました。
「羽と水」、終えてしまうと、あれこれ複雑な思い、、
まだまだ足りないことだらけであること痛感
陥ってしまうなかで、少しずつ距離を取り粘ること
やはり、作品は、そう簡単には創造できないのだな
このおかき、創業1890年、富貴寄、富を集めるとあり。
恐れ入ります。

2021年12月26日

真骨頂だよ、、


2021%E6%A8%AA%E7%94%B0%E7%94%9F%E3%81%91%E8%8A%B1.jpg

いよいよ「羽と水」公開です。
8月より数名の方々に折に触れ見て頂き、ここまで来ましたが
今日明日で、100名以上の方々の眼差しを受けることができます。
beoffのエントランスに、大人クラスの女子チームからの贈り物
生け花が賑わいを添えてくれています。
寒い中、駐車場係、受付、検温消毒係と、各役割を担ってくれる
beoffスタッフとともに、お越しくださる皆様と、よき時間
beoff真骨頂のハレの日になるよう・・・・


2021年12月25日

ラストラン

%E3%83%9D%E3%83%81%E8%A2%8B.jpg

今年のセレニテクラス、昨日で全て終了しました。
金曜前半クラスは「スイミー」の創作にチャレンジ、ひたすら
生き物になりきろうとする姿、よいね・・・
後半クラスは、水木金の高学年&中高生集合、圧巻ですわ。
この年頃のダンサーが生み出す世界は、一気にレベルアップ
自ら練習する、待ち時間の間も狭い隙間で練習する、、、
保護者の前での発表も、恒例の妻木選出のベストダンサー賞
授与も、みな盛大な拍手が沸き起こり、素晴らしい。
いよいよ、「羽と水」
お陰様で、全て定員を超える予約で、空間十分に確保したうえで
各回とも桟敷席を数席用意しております。
日曜から急激に寒くなるとの予報、お越しくださる皆様に感謝し
妻木の今を真摯に過剰に穏やかにお披露目できたらと思います。
客席設営をしていたら、ひな壇下から、誰かが落としたであろう
ポチ袋発見、シンプルなのにこっそり見ている様子がよく出ている
簡単そうに見えて、技あり・・・流石ですね。

2021年12月23日

beoff 17年

%E5%82%BE%E6%96%9C%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpeg

いよいよ「羽と水」ワーク イン プログレス、迫りました。
お陰様で、どの会も、定員となり、感謝です。
会場レイアウトや、beoffスタッフとの打ち合わせは、本日確認
当日配布の資料もあれこれ悩みつつ、完成
2012年のダンスワークへの執筆を基に、時を経て改訂しました。
「羽と水」作品上演は2011年ですから、この10年の月日は
どのように今回の上演に反映するのだろう。
beoffも なんと17年目の冬です。あの寒いリノベーション前の
むき出しのコンクリートの倉庫にライト一つ置いて踊った時から
月日が経ったような、まったく昨日のように何も変わらぬような、、
いつも多くの方が、支えてくださってきたこと、本当に感謝です。

2021年12月21日

羽と水 プロセス

%E5%89%8D%E5%8D%8A%E7%99%BD%E9%BB%92.jpeg

10月10日に安生正人君撮影の「羽と水」リハーサルです。
この場面は、現在はなくなってしまいました。
今となっては、幻の写真ですので、希少でしょうか。
試作公開という企画で、衣装も照明もなしの予定でしたが
月日を重ねるうちに、衣装も照明も試してみることになりました。
その日までにできることを公開するのみですから
このような展開もよいのではと思っています。
どの会もほぼ定員ですが、若干のお席は確保できます。
換気に気を付け、間隔をとる客席設営をしつつ
皆様とのよき時間を過ごせますよう・・・・

2021年12月19日

舞台空間


%E5%B0%8F%E6%9B%BD%E6%A0%B9.jpg

本日は教育会館でバンビーニフェスタ、久しぶりの大舞台
園児、小学生、保護者、先生方、みな本領発揮の本番でした。
今回は、舞台照明も先生たちが担当してくださり、お見事。
あまりの充実に時間がたっていることに気が付かず
送迎をお願いしていたのに、、、遅れてしまいました。
夕方は、小曽根真さんのコンサートへ行きました。
このような大ホールでの演奏を聴くのは稀なこと、、、
一度は聴いてみたいと思っていた小曽根さんのソロ演奏
パワフルで、流石プロフェッショナルな舞台構成です。
演奏に加えて、照明が見事で、反響板の空間が
飛び出す宝石箱みたい、大舞台の成せる業を堪能しました。


2021年12月18日

その日に向けて


10%E6%9C%8810%E6%97%A5%E5%BA%8A%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpeg

「羽と水」、お陰様で26日午後2時半、27日はほぼ定員となり
26日午後5時も定員まで数席残すのみ、ありがとうございます。
この寒い中お越しくださる皆様と過ごす時間、良きものであれ。
作品は、自分では大転換と思っていまして、時間がある分
どんどん移り変わり、この10月10日の写真のシーンは?
初の試作公開は8月末でしたから、あの時からはさらに遠い、
確定できない、終わりを探す日々が続いています。
ある視点から見たら、大して変わりないのでしょうが・・
昨日のセレニテクラス、実に美しく、来週のクリスマス会での
ミニ公開が楽しみでなりません。
彼女たちの姿に触れ、「羽と水」に向かうわが身、スタジオの
扉を閉めるとき、なんだか、シアワセなものがありました。
外に出ると、もの凄い強風、暗い夜道、風にあおられ
ふらつきながら自転車必死に漕いで、妙に勢いづきました。


2021年12月15日

今朝


%E3%82%B5%E3%83%9C%E3%83%86%E3%83%B3.JPG

冬の日差しは、ありがたく心地よい。
寒さ厳しくなりましたが、太陽が出ていれば日中は暖房なし
「羽と水」ここにきてもまだまだ安定できず、がらりと修正
始めたころからどんどん移り変わり、これでよいやら悪いやら
わかりませんが、半端なところにいる居心地悪さあり、、
修正、更新重ねつつ、もう始まりのあの日は遠い、、、
忘れてならぬこと、こだわらぬこと、入交り、困ったものだ
今日はどんな方へ行けるのか、
昨日の東京での上映会、知人たちが見てくださり、感謝
昨年のことなのに、もうはるか遠い、《私》のようです。

2021年12月12日

クリスマスイベント

2021%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9.jpg

昨日はピアノ教室こころのクリスマスコンサートへ行きました。
主宰のまこちゃんらしい志向が溢れたよき会でした。
子供たちの観客のまなざしの中で演奏する姿は、よいですね・・
音楽記号を用いたビンゴゲームは、勉強になりました。(笑)
セレニテのクリスマススペシャルクラスは、今年も分散開催
先ずは、低学年チームからです。恒例のプレゼント交換に加え
目下創作中の作品を保護者の前で披露いたします。
私からのプレゼント「こころのうたカレンダー」を用意
そして、恒例の各賞を、、、誰が受賞するかな、、、

2021年12月08日

漂流の先は?


beoffsyou.jpg

11日より東京ドキュメンタリー映画祭が始まります。
鈴木智監督「コロナとアーテイスト」は、14日上映、私は
宇都宮での仕事ありますので、鑑賞できませんが、
どんな上映会になるか、後日お聞きするのが楽しみです。
12月26.27日の「羽と水」、ソロ作品は、まだまだ模索の中
これからが更なる展開、昨年の「漂流」のような勢いは?
まだまだお粗末なれど、時間あるはず、、、、そーーーれ

2021年12月06日

美しいひと時


2021beoff%E5%85%A8%E6%99%AF.jpg

器具を新たに磨いたbeoffで石原千代バレエスクールの皆さんの
スタジオパフォーマンスが感染防止対策の上、無事終了しました。
千代先生を筆頭に出演者&お母様方の総力結集、換気の為、寒さを
耐えての本番となりましたが、美しくあたたかいひと時であり
「楽しかった」と笑顔を頂けたことで、ホッとしました。
懸命に踊る出演者、見守る先生と観客が創り出す空気は、本当に
美しい、昨日は、人数制限の中で開催頂き、それが残念・・・
もっと多くの観客をお招きできる日を楽しみにしています。


2021年12月04日

城西、スイミー


2021%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%BC%E6%B4%97%E6%BF%AF.jpg

恒例の城山西小公開授業1・2年生「スイミー」終了しました。
芳田さんの照明に加え星野さんの協力で音響までパワーアップ
これでうまくいかないはずはない、長年用いている高校生製作の
小道具たちも、児童たちが創り出す海の生き物の世界を彩り
実に豪華な授業になりました。
絵本にある、ゼリーのような、ブルドーザー、見えない糸、
ドロップの岩、頭としっぽ、桃色のヤシの木・・・・
微かなワードが生み出す、それぞれの創造のコラボレーション。
良かった、、、終えた小道具たちの日光浴で締めくくります。

2021年12月02日

なるようになる


%E5%A4%9A%E8%82%89%E6%A4%8D%E7%89%A9%E4%BE%B5%E5%85%A5.jpg

以前もこのブログに記載しましたが、どこから来たのか
多肉植物がいつの間にやら成長しこの鉢を占有しそうな勢い
どうなりますか、見守っています。
セレニテジュニアも恒例のクリスマス会、今年も飲食は控え
分散でささやかなひと時を用意していますが、やはり、区切り
良き時間になるようにと願っています。
バンビーニコミュニテイクラスの面々も、1年の成長が見えます。
来週から、保育士志望のセレニテ高校生のわーちゃんが、参入
幼児クラスのサポートをしてくれます。
明日、明後日は、Tさん、Aさんのサポートを頂き、城山西での
公開授業に向かいます。1校時の授業は、寒くて寒くて、、、
お二人には恐縮なれど、この3人体制でなければできないこと
12月は恒例の出来事が続きます。
毎年繰り返すことでも、毎回「うまくいくかな」と思いつつ
頭や心を準備をしています。なるようになる。ニョキニョキ

2021年12月01日

大谷石と明暗


beoff%E7%85%A7%E6%98%8E%E5%A3%81.jpg

ついにbeoffの本番用照明器具が点灯しなくなり、替え時か、、
照明家奥村さんに相談し、器具のメンテナンスを行いまして
昨日すべて付け替えました。今回も鵜飼さん大活躍
スイスイと脚立を登り軽々とてっぺんに立ちあがっての作業
お見事です。奥村さんの細部にわたる作業でクリアー&安全が
強化、新たな器具に替えるのではなく、これまでの器具の
グレードアップは、私には本当にあり難いこと
この空間とこの器具が創り出す明暗の世界が私には最高。
使いやすさへの改良も今後加わるとのことで、嬉しい限り。
あるものを生かして、更なる方へ・・・