Archives

2022年02月04日

beoff ひたむきな作業


%E7%85%A7%E6%98%8E%E4%BD%9C%E6%A5%AD.jpg

昨日は、beoffの照明器材グレードアップ作業
照明家奥村さんの作業を鵜飼さんがサポートくださり
その模様を鈴木監督が、撮影するという不思議時間
監督を中心に、あれこれ超面白い雑談三昧を楽しみました。
「コロナとアーテイスト」のその後の私達の日々、
監督が意欲をもって編集くださり、続編も本編に迫る勢い
「コロナとアーテイスト 2 漂流。その後 2021-2022」
として合わせてほぼ1時間になる大作が誕生のようです。
上映会スケジュールも決まりました。
昨日は、私は何もできる作業なく、見守るだけでしたが
皆さんとのワクワクするようなひと時で、有難い。
beoffの照明、かなり深化してきましたよ。

2022年02月03日

祈り


%E5%B7%9D%E6%9C%AC%E6%82%A0%E6%97%A5%EF%BC%91.jpg

思いがけない訃報の知らせ
昨年7月名古屋の講習会でお世話になったS先生
私のワークの中で、見ごとなデュオを踊ってくださいました。
昨年の9月には舞台に立たれ、ダンサーを貫かれた方です。
中部の舞踊を牽引され、その多大なる舞踊への愛
こころよりご冥福祈ります。
この写真は、2011年悠日での川本哲子「流れ」
私には、生と死が同時に立ち現れるような気がします。

2022年02月02日

焦点ボケ


%E7%84%A6%E7%82%B9%E3%83%9C%E3%82%B1.jpg

我が家の眼前のお家の窓辺に1年を通じて咲く花麒麟
先日店先でこれかな、と見つけ購入しました。
撮影しましたが、カメラは土にフォーカスされ花と葉は
このように ぼけてしまいました。
私の眼は、花にフォーカスしていたつもりでしたが、、、
どこに焦点を絞るか、昨日は大谷在住のアーテイストとの
思いがけない雑談三昧、懐かしような、真新しいような
私の視点はグルグル巡った次第
作品を創る、それは大いに厄介ですが、このような無為に
突き当たれるシアワセもあります。
フォーカスする、どこに、何を、徐々に徐々にです。


2022年01月30日

待ち遠しい


%E8%98%AD%E3%81%AE%E8%95%BE.jpg

新設日曜クラスの後、上映会延期になりましたが、もしや
お越しの方がいたらと思い、スタジオに待機
ストーブの掃除をし、放り出していた自作の作業を試し
静かなる独り時間を過ごしました。
FBによると鈴木監督はオリオン通りを歩きながら鵜飼さんを
撮影し、さらなる展開を目論んでいるようで、楽しみです。
我が家の小さな蘭から、ふっくらとした蕾が膨らんでいます。
花咲きますね、、、待ち遠しい。
こちらは、蕾になっているやら、いないやら。
自然物のように時に身を任せ、必ずや咲くこと、願いたい・・・

2022年01月28日

美味しくいただく


%E3%82%B5%E3%83%84%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A2.jpg

イモ類の調理が不得手で、ジャガイモ、里芋、サツマイモが
貯まっていきます、、、
ここ最近はこのパターンで、ちょこちょこ食べています。
それにしても、先日見た小野田さんの30年を想像すれば、
イモを見つけたらとんでもない大ご馳走だったはず。
食べるという行為は、根源的行為のはず、美味しくいただく
美味しいものが溢れている今、美味しくいただく
丁寧に味わう、身体に与える自分の営みですから、、


2022年01月26日

ONODA

ONODA.jpg

以前より気になっていた映画「ONODA」を見に行きました。
久しぶりのヒカリ座、平日の午前中ということでしたが
予想と異なり、意外に人が多い、といっても10人以下。
小野田さんや、その周辺の人々の日々が淡々と伝わる。
もの言わぬ表情、もの言わぬ行為、驚異のサバイバル
人は強い、、、驚くほど強い・・・
帰還を導く若者の穏やかさ、極限で生まれるささやかな
それぞれの笑顔が希望のように思います。
キャストは日本人ですが、監督&脚本はフランス人
日本人でないからこのように創れたのかもしれません。
この後は、細野晴臣さんやデビットボウイの映画も、、
ヒカリ座、奮闘しています。

2022年01月25日

しばし、

%E8%BE%BB%E3%81%BE%E3%81%93%E3%81%A8.jpg

1月30日beoffで開催予定の「コロナとアーテイスト」上映会
延期となりました。beoffサイトをご覧ください。
監督は、追加映像やインタビューをもとに、2021年後も加えた
新たな版の編集をこの数日尽力されていた矢先のこと。
思うようにはいきません。昨年も1月開催が3月に延長されました。
今回も同じような経緯をたどるとは、コロナ、しぶとい。
先日図書館で辻まことさんの「山からの言葉」を借りました。
なんとも気持ち和らぐ挿絵と文章ばかり。
この表紙の二人のように、登山途中で休憩か、、、
何を見ているのやら、、ちょっと一息
3月までには、さらなるよき機会が持てるはず
ご予約下さった皆様、申し訳ありません。
しばし、お待ちくださいませ。

2022年01月22日

新機器登場


i%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%89.jpg

今時スマホでないと色々支障をきたすこと多し
それでも、未だ、スマホ未使用
クラスの際はウオークマンで音楽を出していましたが
こちら故障が多い、しかも、修理が難しく結局新規購入、、
良いものはないのかと先日音響さんに相談したら
「やはりiパッドでしょう」とアドバイスいただき
通信機能を使わないで、音楽と動画撮影だけに絞って
中古を4,000円で購入、なかなか良い感じ・・・
無事設定と準備もでき、次回より良き音楽でクラス出来ます。
スマホにしていれば、何でもスマホでできるのでしょうが
このペースでしばし、こなしていきたいと思います。
それにしても、中古でも、新品に思えるわ。

2022年01月21日

再上映会


%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%96.jpg

1月30日の「コロナとアーテイスト」再上映に向けて
昨日鈴木監督がbeoffにお越しくださり、思わぬひと時
創るということを中心にあれこれと言葉を交わせました。
谷崎潤一郎の話や、監督お薦めの映画のことなどお聞きし
私の範疇にはないことを知る良き機会で楽しかった。
監督は、再上映のための素材を求めていらしたので
画を撮りたいということで、急遽、対応
監督との時間に導かれて出てきた状況がそのままに、、
これがどのように編集され加わるのか、、、、
不安のような、楽しみのような、、、
beoffでは2回目の上映会ですし、コロナ感染拡大の今
極々少数の皆様と過ごす時間になりそうですが
だからこその場となるようにと願っています。
詳細は、beoffサイトをご覧ください。


2022年01月20日

倚りかからず

%E8%8C%A8%E6%9C%A8%E3%81%AE%E3%82%8A%E5%AD%90.jpg

火山爆発、コロナ、過激な気象、、、
自然が叫ぶ声、どう受け止め生き延びていけるのか・・
昨晩NHKで詩人茨木のり子さんを特集していました。
我が家にも文庫本1冊あり、日差し差し込む窓辺にて再読
以前は気が付いませんでしたが、さらりと美しい挿絵
より絞られて生まれた言葉とともに、空間を創り出す。
私にできること、、、日々に立ちあがることの中で
少しづつ削るように、磨くようにと・・・
しかしながら、東京に知人たちの本番知らせに励まされる。
大相撲に心動かされる。なぜだかわけもなく相撲が気になる。
私はいろいろ、よりかかっています。